スポンサーリンク

「選手」と「アスリート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「選手」と「アスリート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「選手」「アスリート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「選手」とは?

「選手」には、3つの意味があります。

1つめは、競技会や試合に選ばれて出場する人のことです。

チェス選手、オセロ選手などがあります。

2つめは、スポーツを職業とする人のことです。

野球選手、サッカー選手などがあります。

3つめは、年数とともに使い、その年数だけの経験を持っている人のことです。

「20年選手のベテランだ」のような使い方をします。

「アスリート」とは?

「アスリート」とは、スポーツを職業とする人のことです。

スポーツマンともいいます。

特に、陸上、水泳、球技の選手に関して使われる言葉です。

「選手」と「アスリート」の違い

「選手」にはいくつかの意味がありますが、「アスリート」と同じ意味もあります。

「選手」「アスリート」で意味が同じなのは、スポーツを職業とする人という意味です。

野球選手、陸上選手、サッカー選手、水泳選手などがあります。

「選手」には、競技会や試合に選ばれて参加する人という意味もあり、オセロ選手、チェス選手などスポーツ以外のことをしている人にも使われます。

「アスリート」はスポーツ以外のことを行っている人には使われない言葉です。

まとめ

「選手」「アスリート」は同じ意味の部分もあれば、「選手」にだけしかない意味もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典