「部下」と「同僚」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「部下」と「同僚」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「部下」「同僚」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「部下」とは?

「部下」の意味と使い方について紹介します。

「部下」の意味

「部下」「ぶか」と読みます。

意味は「会社など組織で、職位が上の人に属し、指示や命令に従って行動する人のこと」です。

「部下」の使い方

「部下」は、会社や組織などで、肩書がある人の下に属して、その指示や命令に従って行動する人のことを言います。

会社による命令で「部長」「課長」など、肩書がある人の下に付き、その人の指示や命令に従い、目標達成の為 に手足となって働く人に対して使われます。

職位に明確な差があり、「部下」の上に立つ人は「上司」と呼ばれ、上下関係が存在します。

ただし、同じ職場というくくりで考えた場合、「同僚」「身内」などと使われることもあります。

「同僚」とは?

「同僚」の意味と使い方について紹介します。

「同僚」の意味

「同僚」「どうりょう」と読みます。

意味は「会社で職位が同じ人」「同じ職場で働いている人を総称として使う言葉」です。

「同僚」の使い方

「同僚」は、職場または地位が同じ人を称して使う言葉です。

元の意味は「同じ役目にある仲間」という意味で、会社で職位が同じ人同士を呼び合う言葉として使われます。

ここから転じて「同じ職場で働いている人に対する総称」という意味で、上司や部下、先輩と後輩などの関係は考えず、その職場にいて志を同じくして仕事している同士のことを言います。

こちらの意味の場合、社外の人に自社の人を紹介する場合に、いちいち肩書などを説明する必要がなく「同僚の〇〇さん」と言えば済むので、便利な言葉として使われています。

「部下」と「同僚」の違い!

「部下」「職位が上の人に属し、指示や命令に従って行動する人のこと」です。

「同僚」「会社で職位が同じ人」「同じ職場で働いている人の総称」です。

まとめ

今回は「部下」「同僚」の違いをお伝えしました。

「部下は特定の上下関係」「同僚はひとつのくくり」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典