「部下」と「後輩」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「部下」と「後輩」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「部下」「後輩」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「部下」とは?

「部下」の意味と使い方について紹介します。

「部下」の意味

「部下」「ぶか」と読みます。

意味は「組織や団体などで、ある人の下の地位で、その人の指示命令で行動する人こと」です。

「部下」の使い方

「部下」は、組織や団体で、肩書がある人の下の地位で、その人から指示命令を受けて行動する人のことを言います。

主にビジネスや社会的な活動をする組織などで使われる言葉で、その組織の上層部により誰の「部下」になるかが決められます。

「部下」の上に立つ人は「上司」と言い、基本的に「課長」「部長」など、肩書がついていることが多くなります。

「部下」「上司」から指示命令されて、手足となって働き、部署として目標を達成できる様に努めるのです。

「後輩」とは?

「後輩」の意味と使い方について紹介します。

「後輩」の意味

「後輩」「こうはい」と読みます。

意味は「年齢や地位、経験、知識、技芸などで、自分より下にいる人のこと」「学校や職場などで、自分より後に入ってきた人のこと」です。

「後輩」の使い方

「後輩」は、日常で使う場合には、学校や職場、部活など、規律のある組織において、自分よりも後に入ってきた人のことを言います。

芸能の世界では1日でも後に入っていれば「後輩」になりますが、一般的には学年や入ってきた時期などで分けることもあります。

「後輩」より先にいる人は「先輩」と呼ばれ、「後輩」に仕事や組織のルールなどを教えるなど、面倒を見る役割があります。

「後輩」は年齢に関係なく、とにかくその場所に早くからいた人が「先輩」で、後から入った人が「後輩」になります。

「部下」と「後輩」の違い!

「部下」「組織や団体などで、ある人の下の地位で、その人の指示命令で行動する人こと」です。

「後輩」「学校や職場などで、自分より後に入ってきた人のこと」です。

まとめ

今回は「部下」「後輩」の違いをお伝えしました。

「部下は指示命令する下の人」「後輩は後から入ってきた人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典