スポンサーリンク

「部外者」と「外部者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「部外者」と「外部者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「部外者」「外部者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「部外者」とは?

「部外」には、その役職や会社に所属していないこと、その機関や組織に関係ないことという意味があります。

「者」には、人、ものという意味があるので、「部外者」はその役職や会社に所属していない人、その機関や組織に関係ない人という意味になります。

「部外」の対義語が「部内」です。

「部内」には、その役職や会社の内部、その機関や組織の内部という意味があります。

「外部者」とは?

「外部」には、ものの外側、その組織に関係ない人、部外者という意味があります。

「外部者」とは普通いいません。

「外部」には、すでに「人」という意味が含まれているため、その組織に関係ない人を意味したいときには、「外部」といいます。

「外部」の対義語は「内部」です。

「内部」には、物の内側、その組織に関係するもの、その範囲内という意味があります。

「部外者」と「外部者」の違い

普通「外部者」とはいいません。

「外部」は、「部外者」という意味を持っているので、「部外者」「外部」はほぼ同じ意味があります。

どちらも、その役職や会社に所属していない者、その機関や組織に関係ない者という意味があります。

まとめ

「外部者」とはいわず、一般的には「外部」という言葉を使用します。

「部外者」「外部」は、ほぼ同じ意味を持っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典