スポンサーリンク

「配慮」と「支援」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「配慮」と「支援」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「配慮」「支援」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「配慮」とは?

心づかいとも言いかえることができる「配慮」

相手との関係を良好にするために相手やほかのことに対し、気配りすること、心配りをすることを意味します。

内容としては、言葉や行動で表すものとなり、相手のことを思いやる気持ちで行動することを「配慮」と言います。

このようなことから、「配慮」と同じような意味を持つ言葉としては、「お心遣い」「お気遣い」「ご高配」などが挙げられます。

同じような意味を持つ「お心遣い」「お気遣い」に比べ、「配慮」は、少し堅苦しいイメージがあり、日常生活で使用するのではなく、ビジネスの場で使用されることが多いという点が特徴です。

「配慮」の使い方

「ご配慮いただき」「ご配慮が足らず」「ご配慮下さい」「ご配慮願います」「ご配慮のほど」「特段のご配慮」「甚大なご配慮」「多大なるご配慮」などが、「配慮」の主な使い方となります。

「支援」とは?

力やお金などを貸し助ける行為を意味する「支援」

他人が行うことに対し何らかの形で手助けをする、そんな意味が「支援」にはあります。

その手助けの内容が労働なのか、お金なのか、応援なのか、といった違いがあります。

英語で言えば、「サポート」です。

そのほか、同じような意味の言葉には、「力添え」「補助」「助成」「お手伝い」などが挙げられます。

「支援」の使い方

「ご支援いただき」といった使い方をはじめ、「支援金」「支援センター」「支援制度」「支援活動」「復興支援」などがあります。

「配慮」と「支援」の違い

相手のことを思い行うといった共通の意味を持つ「配慮」「支援」ですが、実質的に受けて有難い、助かるのは、「支援」となります。

「配慮」の場合、気持ち的な部分が大きく、例え、「配慮」してもらっても明確に助けになるということは残念ながら少なくなります。

その一方、「支援」は目に見える形で行われるものとなり、実際に「支援」を受けることで、助かる人がほとんどです。

「配慮」の例文

・『この度は、多大なるご配慮を頂き誠にありがとうございました。』

・『どうか、ご配慮のほど、よろしくお願いいたします。』

・『お客様へのご配慮が足らず、大変申し訳ございませんでした。』

・『今後も、ご配慮のほど、よろしくお願いいたします。』

「支援」の例文

・『障害のある我が子を特別支援学校に子供を通わせることにしました。』

・『皆さんのご支援のお陰で、無事、当選することができました。』

・『私は年に数回、復興支援のボランティアを行っています。』

・『日本には、たくさんの支援制度があります。』

まとめ

以上が「配慮」「支援」の違いです。

どちらも、相手を思う気持ちでは素晴らしいものと言えますが、その内容には少し違いがあり、より確実に相手を助けたいのであれば、「支援」を行ったほうが喜ばれることが多いこととなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典