スポンサーリンク

「酷道」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「酷道」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「酷道」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「酷道」とは?意味

「酷道」は、その名の通り酷い道路のことを指し、日本の「国道」という言葉と掛け合わせた日本で見られる最もひどい道路のことを指す俗語になります。

なお、この言葉は、日本で定着している俗語で国会議員が使用した言葉の一つでもあり、一般人以外の使用歴もある言葉です。

「酷道」の概要

「酷道」は、日本政府が管理している「国道」に当たる道路があまりにも酷いことから生れた俗語です。

その上で、「酷道マニア」なる人物も登場したことから一時的に話題になった俗語でもあります。

何故「酷道マニア」が誕生するかについては、人間の心理で本当にひどい場所があるのであれば、実際に体験したいという思いが現れ、命を取られることが無いのであれば、酷い場所を体験したいという心理から、「酷道マニア」が誕生したのです。

要は、日本語にある怖いもの見たさが、「酷道」を見に行こうという心理になります。

「酷道」の言葉の使い方や使われ方

「酷道」は、日本政府が管理している割には、酷い「酷道」に対して使用します。

「酷道」を使った例文

・『酷道151号線』
この例は、日本が管理している国道151号線があまりにも整備が行き届いておらず、酷い道路であると述べた例です。

何故、国が管理している道路がそこまでひどくなるかですが、これは需要という物が道路にはあり、往来が多い場所は経済の為に整備が整いますが、往来が少ない田舎道においては、経済的な収益を生まないという理由で整備を後回しにするが故、「酷道」が生まれてしまいます。

・『酷道は整備不足や車線不足の他必要性すら疑問視される』 これは、「酷道」という物は整備が不足して生まれることや自動車の車線不足の他、そもそも不必要な道路なのではないかという問題から生れるという例です。

実際、「酷道」は整備不足や利便性が悪いが故、誰も利用しない道路であり、かつ本当に必要なのかを問われると疑問視するケースが多いため、必要性が疑問視されるというのは嘘ではないと言えます。

まとめ

「酷道」は、日本政府が本来整備拡張などを行う必要性がある道路たちのことなのですが、経済性を考えた場合、どうしても整備を後回しにして他の道路を優先したいということから、「酷道」は生まれるべくして生まれた産物であるとも言えます。

ただ、交通事故や交通量が増え続けると利便性が良いということで急きょ整備を必要とするのですが、問題はその整備資金をどうするかという問題もあり、「酷道」が、本来の皆が利用しても差し支えない、「国道」に代わるには、時間とお金がかかるのです。

逆を言えば、時間とお金も申し分なくあれば、どんなに酷い道路でも、日本では即座に整備することができ、地盤が割れていようと、陥没していようと、修繕可能で、皆が利用しても問題がない「国道」に姿を変えることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典