スポンサーリンク

「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「重複(ちょうふく)」「重複(じゅうふく)」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは最初に「重複(ちょうふく)」から取り上げていきます。

スポンサーリンク

「重複(ちょうふく)」とは?

最初に「重複(ちょうふく)」の意味をご説明致します。

「重複(ちょうふく)」とは、基本的に同じ物事が生じてしまうことになります。

「重複(じゅうふく)」とは?

次に「重複(じゅうふく)」の意味を解説していきます。

「重複(じゅうふく)」の意味の方は前者と、全く同じ意味となります。

基本的に「ちょうふく」と読まれていたのですが、「じゅうふく」の方が使われる頻度が多くなり、耳にする機会が増えたのです。

「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の違いとは?

ここでは、「重複(ちょうふく)」「重複(じゅうふく)」の違いを取り上げてみましょう。

「重複(ちょうふく)」「重複(じゅうふく)」の意味に関しては、同じ物事が一緒に重なり合っていることを指しております。

違いとしては、読み方です。

調査しましたところ「ちょうふく」と読まれていたらしいのです。

しかしながら、「重なる」という言葉に用いられている漢字が「じゅう」となっております。

そのことから、「じゅう」の方が言いやすいことから「じゅうふく」が、現代に定着したのです。

「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の使い方の違い

ここでは「重複(ちょうふく)」「重複(じゅうふく)」の使い方の違いを説明します。

「ちょうふく」を用いるときは、同じものが重なり合っているときに使います。

「じゅうふく」も同じ使い方になります。

それぞれの使い方を見てみます。

前者の使い方(ちょうふく)
「何回も話を重複する人には、うんざりだ」
「重複を避けるには、注意をすることだ」
後者の使い方(じゅうふく)
「データの重複を確認することができた」
「重複してしまうと、修正しなくてはいけない」

「重複(ちょうふく)」を使った例文

それでは「重複」を使った例文を書いていきます。

・『レイヤーを重複させている』
・『わざと重複させることで、作業効率が上がるのだ』
・『資料の内容が重複しているので、修正依頼を取引先へ出しました』
・『重複を見落としてしまった』
・『重複を発見したので、対応致します』

「重複(じゅうふく)」を使った例文

最後の項目において、「重複」を使った例文を書きます。

・『ライブ会場におけるセットリストが、重複しているので、すぐに書き直してほしい』
・『誤って重複して、申し込む方がいらっしゃいますので、注意してください』
・『時には重複が生じてしまった原因を、突き止めましょう』
・『資料作成において、重複という誤りは生じるものだと思っておくと、気が楽です』
・『お客様が重複して、購入してしまったようだ』

まとめ

まとめとして、「重複(ちょうふく)」とは同じものが、重なっていることになります。

「重複(じゅうふく)」も同じです。

尚、「ちょうふく」が昔からの使い方です。

しかし現代では「じゅうふく」を使うことが、多いと認識しておくといいでしょう。

また、どちらを使っても間違いではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典