スポンサーリンク

「野菜」と「蔬菜」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「野菜」と「蔬菜」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「野菜」「蔬菜」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「野菜」とは?

「野菜」とは、食用の草本植物のことです。

わらびやふきなどの山菜も「野菜」と呼ぶことがあります。

日本標準商品分類では、根菜類、葉茎菜類、果菜類の3つに区分しています。

また、農林水産省の野菜生産出荷統計では、根菜類、葉茎菜類、果菜類、香辛野菜、果実的野菜の5つの品目に分けています。

根菜類とは、大根、ゴボウ、ニンジンなど地下にできる根を食用にする野菜のことです。

葉茎菜類は、はくさい、キャベツなど地上にできる葉野菜、たまねぎのような葉の付け根が肥大したもの、ブロッコリーのようなつぼみが該当します。

果菜類、キュウリ、トマト、なすなど実の部分をいいます。

香辛野菜には、しょうが該当します。

果実的野菜とは、イチゴ、メロン、スイカなどのことです。

スーパーや青果店では果物として扱われていますが、農林水産省では野菜に分類しています。

「蔬菜」とは?

「蔬菜」とは、野菜のことです。

「蔬」は、な、野菜の総称の総称という意味がある漢字、「菜」は、なっぱ、あおな、やさいという意味がある漢字です。

「野菜」と「蔬菜」の違い

「野菜」「蔬菜」は同じものを指しています。

本来は「蔬菜」は栽培植物のことを指していましたが、現在は「野菜」と同じ意味で使われている言葉です。

まとめ

どちらも同じものを指していて、食用の草本植物のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典