スポンサーリンク

「量産型オタク」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「量産型オタク」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「量産型オタク」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「量産型オタク」とは?意味

「量産型オタク」は、アイドルのコンサートの他、東京ビッグサイトなどで開催される大型のアニメやマンガコンテンツなどの同人イベントなどで大量に発生するオタク陣営のことです。

なお「量産型オタク」は期間限定で発生するオタクで、皆が似た様な服装、似たコンテンツに並ぶことから「大量生産されたオタク」であるが故、「量産型オタク」と呼ばれます。

逆に期間限定であるという、特性を持たず、年がら年中アイドルやゲームを追究したり、アニメコンテンツを追究する方は、「量産型オタク」ではなく、真のオタクを意味するワンオフオタクです。

「量産型オタク」の概要

「量産型オタク」は、よく言えばアニメ好きやマンガ好きの他ゲーム好きですが、悪い意味では似た様なコンテンツしか好まないにわかオタクである可能性がある点です。

真のオタクは、どちらかというとワンオフで他者を気にすることなく、流行外にあるコンテンツを好んだり、他者と異なるものを好みます。

「オタク」という定義は、元々、それに特化して詳しい人を指すので、「量産型」の場合、詳しいという部分については実のところ、明確に定義されておらず、とりあえずそのように見えればそれでよいという考えで成り立っています。

その為、「量産型オタク」が直面する問題は、真のワンオフのオタクと比較した場合、知識量が決定的に低く、本当に「オタク」と呼ぶだけの知識を持ち合わせているの?他人のまねをして目立ちたいだけではないの?という疑問を持たれることが問題です。

「量産型オタク」の言葉の使い方や使われ方

「量産型オタク」は、似た様な服装や格好をして集まっている集団に対して使用される言葉になります。

「量産型オタク」を使った例文

・『量産型オタクは、ファッションの一部であるかに言われている』
この例は、「量産型オタク」と呼ばれるものは、ファッションの一部であると定義されているという例です。

というのも、「量産型オタク」は似た様な服装をしていることからファッションの一部で流行を行くファッションだという解釈が存在します。

まとめ

「量産型オタク」は、実のところオタクと呼ばれるだけの知識を持ち合わせているかと言われると、微妙なラインで周囲がそうしているから自分もそうしている方もこの「量産型オタク」に当てはまるため、言い方を悪く言えば、自分の考えや趣味について一貫性が無く、自分を通していません。

逆に、ワンオフ型のオタクは自分の趣味に考え方に一貫性があるが故、知識量も豊富でかつ、専門家のような意見を進言する人物もおり、博士や教授というタイプに近いです。

「量産型」というのは、本来はプロトタイプという存在があって成立するのですが、「量産型オタク」というジャンルにおいてはプロトタイプを真なるオタクである、ワンオフとした場合、「量産型」は、性能が劣るが故、如何にワンオフのオタクの方がすごい知識量であるかがうかがい知れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典