スポンサーリンク

「金管楽器」と「木管楽器」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「金管楽器」と「木管楽器」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「金管楽器」「木管楽器」は楽器の一種ですが、何が違うのでしょうか。

この記事では、「金管楽器」「木管楽器」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「金管楽器」とは?

「金管楽器」は、唇の振動を管内の空気に伝えて音を出す管楽器の総称です。

名前の由来はブラス(真鍮)です。

しかし、金属でできているかによる分類ではありません。

「金管楽器」には、トランペット、トロンボーン、ホルン、ユーフォニアムなどがあります。

オーストリアのディジュリドゥ、巻貝の一種を使用した法螺、ドイツのツィンクなどは、金属で作られていませんが「金管楽器」の一種です。

「木管楽器」とは?

「木管楽器」は、息を吹き込んで管内の空気を振動させて音を出す楽器の総称です。

木製管楽器の総称で、木で作られているものが多いのですが、金属製の「木管楽器」もあります。

「木管楽器」には、リコーダー、クラリネット、龍笛などがあります。

フルートやサクソフォンは主な原料が金属ですが、「木管楽器」に分類されます。

「金管楽器」と「木管楽器」の違い

「金管楽器」「木管楽器」は、音の出し方が違います。

「金管楽器」は、唇の振動を管内の空気に伝えて音を出す管楽器です。

「木管楽器」は、唇の振動ではなく、息を吹き込んで管内の空気を振動させて音を出す管楽器です。

金属製、木製といった分類ではありません。

まとめ

「金管楽器」「木管楽器」は、唇の振動を使って音を出すのか、息を吹き込んで音を出すのかが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典