スポンサーリンク

「鉄オタ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鉄オタ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鉄オタ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鉄オタ」の意味

鉄道や鉄道関連の物事に対して、非常に強い興味関心を持っている鉄道オタクの略語

「鉄オタ」の解説

「鉄オタ」は一般的には「鉄道ファン」と呼ばれることも多い、「鉄道に対して極端に強い興味関心・趣味嗜好を持っている鉄道オタク」のことです。

「鉄オタ」の鉄道の楽しみ方や趣味の持ち方にもいろいろな種類があり、主に「乗り鉄・撮り鉄・音鉄・駅マニア・時刻表マニア・切符や鉄道関連の物のコレクター・鉄道模型のコレクター」などに分けられます。

「乗り鉄」とは「実際に電車に乗って風景・雰囲気を楽しみ、駅・路線を制覇することが趣味の鉄オタ」であり、「撮り鉄」「いろいろな種類・路線の鉄道を自分の理想とするカットで撮影することが趣味の鉄オタ」「音鉄」「電車の走行音や発車メロディ・車内やホームのアナウンスを音響機材で録音するのが趣味の鉄オタ」を意味しています。

「鉄オタ」の使われ方

「鉄オタ」は、「鉄道や鉄道に関連する物事に対して、とても強い興味関心を持って趣味にしている鉄道オタクの略語」として使うという使い方になります。

第三者が鉄道オタク(鉄道ファン)のことを指して「鉄オタ」と呼ぶこともありますが、鉄道が好きではまっている人自身がやや自虐的に自分のことを「鉄オタ」と自称することもあります。

例えば、「彼は有名な鉄オタだから、電車でどこかに行きたい時に質問すると何でも答えてくれるよ」「私は鉄オタでも乗り鉄なので、連休はずっと地方のレアな電車に乗り続けるつもりです」といった例文で使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典