「鉄則」と「原則」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鉄則」と「原則」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鉄則」「原則」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鉄則」とは?

「鉄則」の意味と使い方について紹介します。

「鉄則」の意味

「鉄則」「てっそく」と読みます。

意味は、「変えられない規則や法則のこと」です。

「鉄則」の使い方

「鉄則」は、絶対に変えられなず、守らなければならない規則や法則のことを言います。

ある決まりに対して、例外は認められず、必ずそれに従わなくてはならない時に使われます。

「鉄」は、金属元素の一つで、日本の歴史において、鉄器時代から使われてきた材料です。

絶対的な強さを持つことから「硬いもの、強いもののたとえ」として「鉄腕」「鉄人」などという言葉にも使われています。

「鉄則」も同じく、「鉄の様に硬く絶対的な規則」という意味で使われています。

「原則」とは?

「原則」の意味と使い方について紹介します。

「原則」の意味

「原則」「げんそく」と読みます。

意味は「多くの場合に適用される基本的な規則や法則のこと」です。

「原則」の使い方

「原則」は、多くの場合に共通して適用される、基本的な規則や法則のことを言います。

ただし、特別な場合には例外が認められることもあります。

例えば、集合住宅では「原則動物の飼育は禁止」となっていますが、「小鳥や金魚」などの小動物は許可しているところもあるのです。

本来は守らなくてはいけない決まりなのですが、社会が多様化するに従い、今迄と同じでは対応できないケースが出てくることがあります。

その様な時には合理性や人道的理由により、例外を認めることもあるのです。

「鉄則」と「原則」の違い!

「鉄則」「変えられない規則や法則のこと」です。

「原則」「多くの場合に適用される基本的な規則や法則のこと」です。

まとめ

今回は「鉄則」「原則」の違いをお伝えしました。

「鉄則は例外を認めない」「原則は例外を認める」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典