「銀行系マイカーローン」と「ディーラーローン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「銀行系マイカーローン」と「ディーラーローン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「銀行系マイカーローン」「ディーラーローン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「銀行系マイカーローン」とは?

「銀行系マイカーローン」とは、「銀行・信用金庫などの金融機関が自動車の購入資金を貸してくれる自動車ローン」のことです。

「銀行系マイカーローン」の金利は約1%台後半~4%で繰上げ返済が可能、ローンを組めればすぐにクルマの所有権を得られます。

そのため、銀行系であればローンを組んですぐにクルマを売却することもできます。

「ディーラーローン」とは?

「ディーラーローン」とは、「クルマの販売店(ディーラー)・信販会社などが自動車の購入資金を貸してくれる自動車ローン」のことです。

「ディーラーローン」の金利はフルローンで約3~6%、残価設定型ローンで約2~5%になりますが、繰上げ返済は基本的にできません。

また「ディーラーローン」は、ローン返済が終わるまでクルマの所有権を得ることができないので、ローンを組んですぐにクルマを売却することはできません。

「銀行系マイカーローン」と「ディーラーローン」の違い!

「銀行系マイカーローン」「ディーラーローン」の違いを、分かりやすく解説します。

「銀行系マイカーローン」「ディーラーローン」はどちらも「クルマの購入資金を貸し付けてくれる自動車ローン」という意味では似ていますが、「銀行系マイカーローン」とは「銀行・信用金庫」などが貸してくれる「審査がやや厳しめでローンを組むまで時間がかかる・金利が低めのローン(約1%台後半~4%)」を意味しています。

それに対して、「ディーラーローン」というのは「販売店(ディーラー)・信販会社」が貸してくれる「審査がやや甘めでその場で組みやすい・金利が高めのローン(約3~6%)」「残価設定型ローン」を意味している違いがあるのです。

また「銀行系マイカーローン」「ローンを組んですぐにクルマの所有権が得られる」のですが、「ディーラーローン」「ローン完済後まで所有権が得られない」という違いもあります。

まとめ

「銀行系マイカーローン」「ディーラーローン」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「銀行系マイカーローン」とは「銀行・信用金庫などの金融機関が自動車の購入資金を貸してくれる金利がやや低めのローン」を意味していて、「ディーラーローン」「自動車を販売するディーラー・信販会社が自動車の購入資金を貸してくれる金利がやや高めのローン」を意味している違いがあります。

「銀行系マイカーローン」「ディーラーローン」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典