スポンサーリンク

「間違え」と「間違い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「間違え」と「間違い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「間違え」「間違い」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

たった一文字の違いでも、大分意味や使い方が変わってきますので、注意深く見てみてください。

スポンサーリンク

「間違え」とは?

最初に「間違え」(まちがえ)の意味をご説明致します。

「間違え」の意味としては、本当の意味ではないという意味や、あやまちだったり普通では感がられないような事柄など意味します。

また、男女間の関係についても使うことがあります。

しっかりと意味を理解しておいてください。

「間違い」とは?

基本的に最初に解説しました「間違え」(まちがえ)の意味と同じ意味です。

よってこの2つの言葉は、使い方の違いによって表現が変わるということです。

それでは次、「間違え」「間違い」の違いを見てみましょう。

「間違え」と「間違い」の違いとは?

ここではいよいよ「間違え」「間違い」の違いの説明に入っていきます。

「間違え」「間違い」について、本当の意味と異なる意味や、しくじりや考えられないこと。

男女関係などを意味します。

違いにですが、分かりやすく書きますと、表現が違うのです。

「間違えに気づいた」という使い方と、「間違いに気づかいないとは、愚か者だ」という表現でこんなにも違いが生じるのです。

したがって、表現の違いによってこんなにも意味が変わってくるということを、押さえておくと混乱することはないでしょう。

「間違え」と「間違い」の使い方の違い

この項目において「間違え」「間違い」の使い方を取り上げてみます。

「間違え」を使う時は、「間違えないように細心の注意を払っている」と使うことができるのです。

「間違い」の使い方として、「間違いを認めず、隠ぺいするつもりだ」という使い方もあるのが事実です。

僅かな違いでも、真逆の表現を表す使い方をすることが可能なのです。

「間違え」を使った例文

それでは「間違え」を使った例文を書いていきます。

・『配達する場所を間違えてしまった』

・『去年の夏、人妻と間違えを起こしてしまった』(男女間の関係の意味です)

・『間違えることは誰でもあるさ』

・『テストの問題を間違えた』

・『連絡がないというのは、何か間違えがあったのだろうか』

以上が「間違え」を使った例文になります。

メモ帳などに書き出して、勉強などに役立ててみてください。

「間違い」を使った例文

「間違い」を使った例文を書きます。

・『親に自分の犯した間違いを叱られた』

・『間違いはあってはならないので、連絡は密にしよう』

・『間違いを認めずに、開き直る会社だ』

・『間違いを悔いているようだ』

・『間違いを咎められた』

上記が「間違い」を用いた例文になります。

理解を深めるためには、応用して文法などをアレンジすると使う幅がもっともっと広がります。

まとめ

「間違え」「間違い」は基本的に、あやまちや尋常ではないこと、男と女の誰にも言えない関係などを意味しており、それらを表現する際に使うものです。

ただ一文字違いで、相手を指導する文章にもなれば、非難する文章にもなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典