スポンサーリンク

「間違える」と「間違う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「間違える」と「間違う」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「間違える」「間違う」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「間違える」とは?

最初に「間違える」の意味をご説明致します。

「間違える」とは、例えば何かしているときに、失敗してしまうことです。

また、対象になるものが2つ以上あり、他のものと、取り違えてしまうことを指しております。

「間違う」とは?

次に「間違う」の意味を解説していきます。

「間違う」の場合は、正常の状態や、得たい結果とは違うときに使います。

そして、文章を組み立てる際には、「間違っている」という表現を使うことがあります。

「間違える」と「間違う」の違いとは?

ここでは「間違える」「間違う」の違いを取り上げてみましょう。

「間違える」の場合は、実践している事柄において、しくじってしまったときなどを表現できます。

または、複数のものを、取り違えてしまうことを表しております。

「間違う」の方は、望んでいる結果や、理想の状態と違うときに使うことが多い表現になります。

また、「間違った~」「間違う~」と使うこともできます。

「間違える」と「間違う」の使い方の違い

この項目においては、「間違える」「間違う」の使い方の違いを説明します。

「間違える」を使うときは、しくじってしまったときにも使いますし、複数のものを取り違えたときにも使えます。

「間違う」を使う場合は、理想の結果や状態から遠ざかっているときなどに使うことが多いでしょう。

それぞれの使い方見てみましょう。

前者の使い方

「記載方法を間違えるとは、初歩的ミスをしてしまった」

「他人と自分の靴を、間違える」

後者の使い方

「間違うことは恥ずかしいことじゃないんだ。立ち上がれないことが恥ずかしいのだ」

「出前で届けられた料理が、間違っていた」

「間違える」を使った例文

ここでは「間違える」を使った例文を書いていきます。

・『会計を間違える店員さんもいるので、こちらも気を付けて、店員さんを見ていよう』

・『タクシーの運転手さんが、道を間違えるとは思わなかった』

・『ヤクザの方は、どこで道を間違えるのだろう。とても不思議に思えてしまう』

・『プロのミュージシャンでも、演奏を間違えることもあるだろう。人間なのだから』

・『仕事は間違えることも、仕事のうちだと思います』

「間違う」を使った例文

最後の項目においては、「間違う」を使った例文を書きます。

・『開演時間を間違うことのないように、入念にチェックしておこう』

・『学生のうちは、行いなどを間違うこともあるはずだ。そこから学ぶことが大切なのです』

・『私は息子へ、間違った教育をしてしまったのだろうか』

・『正論を言っても、間違っていると、指摘されることもあります』

・『間違うと分かっているなら、周囲がサポートするべき体制を確立することも大切です』

まとめ

まとめとして、「間違える」とは、何か行っているときに失敗してしまうことです。

また、複数あるものを取り違えてしまうことも表現できます。

「間違う」の場合は、正しい状態と違うことや、結果などがついてきていない際に、使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典