「関わる」と「係る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「関わる」と「係る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「関わる」「係る」の違いを分かりやすく説明していきます。

「関わる」とは?

「関わる(かかわる)」とは、「物事・人物とかかわり(関係)を持つこと」「物事・人物とつながること」を意味している言葉です。

「関わる」「関」の漢字には、「門(扉)を閉じた状態のままにしておくためのかんぬき(横木)」「国境などに設置して通行人を調べたり通行を許可したりする所」の意味合いがあります。

例えば、「あの人と関われば嫌な思いをします」「この研究と関わりのある実験です」といった例文で使用できます。

「係る」とは?

「係る(かかる・かかわる)」とは、「物事・人物とかかわり(関係)を持つこと」「物事・人物とつながること」「物事・人をつなぎとめること」を意味している表現です。

「係る」「係」の漢字には「かかわる・つなぎとめる・担当の人」といった意味がありますが、さらに「人と祈りの儀式で使用する飾りの糸・紐を組み合わせた漢字(糸で人をつなぎとめる)」という語源的な意味もあります。

例えば、「私はその問題には係りたくありません」「誰と係るのかは自分で決めます」などの文章で使用することが可能です。

「関わる」と「係る」の違い!

「関わる」「係る」の違いを、分かりやすく解説します。

「関わる」「係る」の二つの言葉は、どちらも「物事や人物とかかわり(関係)を持つこと・物事とつながること」を意味している「同義語」になります。

ただし「関わる」の語源は「門のかんぬき(門を閉めた状態のままにするつっかえ棒)」にあり、「係る」の語源は「二つのものをつなぎとめる糸・紐(ひも)」にあるという違いは指摘できます。

また「関わる」の漢字の訓読みは「常用漢字」として定められていますが、「係る」の訓読みのほうは「常用漢字」で定められていないという違いもあります。

そのため、一般的な文章で「かかわる」と表記したい時には、「係る」よりも「関わる」を用いたほうが間違いがないでしょう。

まとめ

「関わる」「係る」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「関わる」とは「物事とかかわりを持つ・物事と構造的につながる」を意味していて、「係る」「物事とかかわりを持つ・物事と結びついてつながる」を意味していますが、この二つの言葉の意味・用法には厳密な違いはありません。

「関わる」「係る」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典