スポンサーリンク

「関心を持つ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「関心を持つ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「関心を持つ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「関心を持つ」とは?意味

「関心を持つ」は、物事に対して興味を持ち知りたいと思うことです。

「関心」という部分が物事への興味を指し、持つが興味という部分に対する気持ちを指します。

「関心を持つ」の概要

「関心を持つ」という言葉は、言いかえが可能で、「興味を持つ」と全く同じ意味を持ちます。

ただし、「関心」は実は「興味」という言葉よりも注意深く見る者を指すため、「関心を持つ」というのは、「興味を持つ」と言われる物よりも注目を浴びるものでなければならないです。

「関心を持つ」の言葉の使い方や使われ方

「関心を持つ」は、強く興味を惹かれるものに対して使用するのが望ましく、使い方は、自分から強く興味を持ったことを周囲に述べるために使用するか、第3者が対象となる物が強く興味を持っている場合、対象に対して強く興味があるかどうかを問うために使用します。

また、周囲に伝えず、自分の心の中だけに留める場合にも「関心を持つ」という言葉を使用し、心の中で強く興味があることを示すために使用します。

「関心を持つ」を使った例文

・『医療支援に関心を持つ』
この例は、災害時などの医療支援の制度に興味を持ったという例です。

なお、「関心を持つ」は強く興味を持つことを指すため、この例では、医療支援活動の制度に強い興味があります。

・『歴史シミュレーションゲームの影響で歴史に関心を持つようになった』 この例は、ゲームの影響で歴史に対して強い興味を持つようになったという例です。

実は、日本国内には、テレビゲームを通して日本史や社会史を学習したという人物も多く、歴史を追体験できるゲーム群が多数存在します。

このケースはそんなゲームを遊んでいる中、正しい歴史を知ろうという気持ちが強くなり歴史自体に強い興味を持ったという例です。

・『関心を持つだけの魅力がない』
この例は、強く対象を凝視して興味を持つだけの魅力が無いことを指します。

つまりこの例は、「無関心」を示し、何も感じていません。

まとめ

「関心を持つ」という言葉は、「興味を持つ」と同じ意味ですが、実は、「関心」という言葉は、「興味」という言葉の上位に当たるため、いわばものすごく「興味」があることを指します。

その為、なんでも「関心を持つ」という言い方は若干ながら不適切でその理由は本当に強い興味があるのかどうかを問われた場合、相手側が強い興味を持っていない様子だった場合、「興味を持つ」でいいのではと言われてしまうためなんにでも「関心を持つ」と表現するのは望ましくないです。

しかし、なんにでも「関心を持つ」という言葉を使ってしまうのは、関心=興味という意味と同じであると考えているが故で、実際は、関心=凝視するくらい注目を浴びる興味深い物でなければならず、ただの興味では「関心」とは言わないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典