スポンサーリンク

「関知」と「関与」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「関知」と「関与」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな人も、他人との関わり無しでは行きてはいけません。

家族に関しては、言うまでもなく、日々、仕事や趣味に関して活動すれば、当然、沢山の人と関係ができて行きます。

そのような時に使われる言葉として、「関知」「関与」があります。

これらの意味と違いは何でしょうか。

この記事では、「関知」「関与」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「関知」とは?

「関知」とは、「対象に関連することを認知」することです。

簡単に言えば「知る」ことです。

この時の対象とは、人物でも、物体でも、実体がないものでも構いません。

ただ、これは見たり、聞いたり、触ったりするだけではなく、「知覚」したことを理解した上で、自分との関係を認識しないと「関知」はできません。

それゆえ、「関知」することは、全ての行動の原点になるものです。

英語では、「concern」が近い表現でしょう。

「関与」とは?

「関与」とは、「対象との間に関わりを持つ」ことです。

この言葉も、その対象が人間でも、物体でも、実体がないものでもなんでも構いません。

ここで言う「関わり」自体も、積極的な何らかの行動や結果を伴う場合だけではなく、ただそこに居るとか、黙認するような消極的な「関わり」のようなケースもあり得ます。

英語では、「involve」が最も近いと思われます。

「関知」と「関与」の違い

「関知」「関与」の違いを、分かりやすく解説します。

2つの言葉はともに、対象に対する「関連」を表現する言葉であるということでは同じです。

違うのは、「関知」「関連を認知」することだけを示すのに対して、「関与」がさらに、「関わりを持つ」ことである部分です。

つまり、何かとの関わりを持つということは、何もない状態から、対象を「関知」して、さらに「関与」するという順番を経て実現されます。

「関知」の例文

「関知」の例文は以下のようになります。

・『私が何をしようと、あなたの関知するところではありません』
・『社員のプラベートの行動に関しては、会社は関知していません』

「関与」の例文

「関与」の例文は以下のようになります。

・『このプロジェクトにおける管理業務に、積極的に関与しました』
・『今回の事件への、会社ぐるみの組織的な関与が疑われています』

まとめ

この記事では、「関知」「関与」の違いを、解説してきました。

序文でお話ししたように、日常生活において、人との関わりは不可欠であり、それゆえに、大切にする必要があります。

それらさまざまな関係の中にはただ、「関知」しているだけの場合もありますが、積極的に「関与」するものもあります。

「関与」すれば、当然相手からの反応があります。

その反応はポジティブであれ、ネガティブなものであれ、関係に変化を与え、さらに新しい「関与」をもたらします。

そのような「関与」の連鎖が、人との間の大切な「繋がり」になって行くことを忘れてはいけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典