スポンサーリンク

「関連会社」と「子会社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「関連会社」と「子会社」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「関連会社」「子会社」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「関連会社」とは?

「関連会社」「関係会社」「グループ会社」「子会社」と言う会社間の関係を示す用語は、関連する法律によって、少しづつ異なる定義がなされる事があります。

この記事では会計ルール・決算書上での定義に従って解説したいと思います。

この定義では、「関係会社」は、20%以上の議決権を所有している会社を指すのが一般的で、出資や人事や技術や取引等の関係を通じて、財務や営業や事業の方針の決定に大きな影響力を持つ会社と言う事になります。

ただし、議決権が20%未満でも、15%以上の議決権を持ち、同様に特別な影響力を持つ場合にも、その会社を「関連会社」と判定される事もあります。

「子会社」とは?

「子会社」とは、議決権のある株式の50%超を、他の会社に保有されている会社を指します。

そして議決権を50%以上保有して「子会社」を実質的に支配している会社を「親会社」と呼んでいます。

会計ルール上は、たとえ50%以下であっても、40%程度の議決権を持ち、営業方針の決定権や役員の派遣状況や資金面の関係性などから、実質的に支配されていると判断される場合にも、「子会社」と判定されることがあります。

また「子会社」の中でも、「完全子会社」と呼ばれる会社がありますが、これは「親会社」が100%の議決権を保有している場合に使われる用語です。

「関連会社」と「子会社」の違い

「関係会社」は、20%以上の議決権を所有している会社を指すのが一般的で、出資や人事や技術や取引等の関係を通じて、財務や営業や事業の方針の決定に大きな影響力を持つ会社を指す用語です。

一方の「子会社」とは、議決権のある株式の50%超を、他の会社に保有されている会社を指す用語です。

議決権は、重大な議案や役員の承認等の重要な案件を、株主総会で議決する際に投じられる票に当たる者で、これを多数保持しているほど、その会社に対する影響力を強く行使できる事であり、「関係会社」はその議決権が20%以上保持されている会社で、50%以上保持されている会社が「子会社」と言う事になります。

従って、「子会社」「関係会社」の中でも議決権の多数を持ち、実質的に完全に支配されている会社を指すと言えます。

まとめ

「関係会社」は、20%以上の議決権を所有している会社を指すもので、一方の「子会社」とは、議決権のある株式の50%超を、他の会社(親会社)に保有されている会社を指す用語です。

従って、「子会社」「関係会社」の中でも、「親会社」に、より強く財務や営業や事業の方針の決定を支配されている会社と言う関係になります。

ちなみに100%の議決権を「親会社」が保有している場合には、その「子会社」「完全子会社」と呼ばれています。

また「親会社」に議決権の50%を握られている「子会社」が、別の会社を「子会社」として権限を握っている場合、「親会社」から見て、孫にあたる関係となる事から、「孫会社」と呼ばれる事も追記しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典