スポンサーリンク

「閲覧」と「視聴」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「閲覧」と「視聴」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「閲覧」「視聴」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「閲覧」とは?

書物や新聞などの内容を読みながら調べることです。

「閲」は、しらべる、「覧」は、よくみるという意味を持つ漢字です。

このことから、「閲覧」とはよくみて調べるという意味であることがわかります。

この言葉が意味するよくみるものとは、書物、新聞、ウェブサイトなどのことです。

文字を読むようなものを指しています。

ウェブサイト上では、文字だけでなく動画もみることもできますが、「閲覧」は動画をみて調べるという意味ではありません。

図書館には「閲覧室」という場所があります。

この部屋は、貸出できない資料を読む場所です。

この部屋にある資料は、主に何かを調べるために使われています。

たとえば、百科事典などがあります。

資料を読んで調べるための部屋なので「閲覧室」といいます。

「閲覧」の使い方

内容を読みながら調べることを指して使用をします。

読書も「読む」という行為をしますが、このことを指して「閲覧」とはいいません。

小説を読む場合、多くの場合は楽しむことが目的で、何かを調べることが目的ではありません。

「閲覧」には調べるという意味が含まれているので、たんに読むことには使用せず、読むことと調べることを行う場合に使用をします。

「視聴」とは?

「視聴」には2つの意味があります。

一つは、見ることと聴くことです。

「視」は目で見る、「聴」は、きく、注意してきくという意味を持つ漢字です。

このことからも、「視聴」とは見ることと聴くことを意味していることがわかります。

たんに目に映像が飛び込んでくる、耳に音が入ってくることを指しているのではなく、注意して見たり、聴いたりすることをいいます。

テレビを見るとき、気になる番組は意識的に見ることでしょう。

このような意識的な行為を指しています。

もう一つの意味は、注意や関心です。

ある対象に意識を集中する、心をひかれるといった意味合いになります。

「視聴」の使い方

2つの意味がありますが、見ることと聴くことという意味で使用されることが多いです。

テレビやウェブ上の動画などを見たり聞いたりすることを指して、使用されています。

「閲覧」と「視聴」の違い

どちらの言葉にも見るという意味合いがあるのですが、何を見るのかという点に違いがあります。

前者の言葉は、書物、ウェブサイト、新聞などを見ることで、たんに見ることではなく、調べながら見ることを意味しています。

後者の言葉は、見たり聞いたりすることです。

書物や新聞は見るというよりも読むといい、また聴くという行為はしないので、書物や新聞を見ることを意味しているのではありません。

「閲覧」の例文

・『閲覧可能です』

「視聴」の例文

・『無料で視聴できます』

まとめ

どちらの言葉にも見るという意味合いがあるのですが、何を見るのか、どのように見るのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典