「閾値」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「閾値」

「閾値」という言葉がありますが、一般的には日常会話の中で使われることが少ないかもしれません。

読み方は「しきいち」となるのですが、ビジネスの世界では、時折使われている言葉です。

「閾値」の意味

「閾値」とは、「感覚や反応や興奮を起こさせるのに必要な最小の強度や刺激などの(物理)量」ということが定義されている言葉です。

前述の通り、プライベートの軽いお喋り感覚で使われることはほとんどありませんが、仕事の中では、色々な場面で使われます。

「閾値」の言葉の使い方

「閾値」は、「ある一定の物理的な現象などでの量」のことを指していることから、システムなどのハード製品のある状態を示したり、人の健康面でも使われることがあります。

「閾値」を使った例文・短文(解釈)

では、ここから「閾値」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「閾値」の例文1

「閾値とは、反応等を起こさせる最小の刺激の値のことを指す用語です」

この例文は、「閾値」のことを説明している文になるのですが、例えば、細胞に電気エネルギーを与えた時に、細胞が動く最低レベルの電流値のことを指して「閾値」と呼んでいます。

「ある一定レベルの電流値を超えると動くことができる」という意味合いになるのですが、人の感覚でも用いられることがあります。

痛みを感じる最低の強さが大きい人の場合、「痛みに関する閾値が高い」と表現できます。

「閾値」というと、主に機械的なことや化学的な実験の場面で使われる印象がありますが、「ある一定レベルを越える」といったような意味でも使われます。

「その方法は、かなり行きすぎた感があり、閾値を超えている」という使い方もできるでしょう。

この時の意味は、「許容できるレベル(閾値)を超えている」という意味になります。

「閾値」の例文2

「ストレスが閾値を超えたので、しばらく休養を取る必要がある」

このような時の「閾値」は、「ストレスが限界値を超えているので、仕事を休んで休息を取る必要がある」という解釈になります。

「閾値」は、「境目となるレベル」=「ある反応が発生しうるレベル(値)」とも理解することができます。

「ストレスの閾値を超えた」という場合は、何らかの病気を患ったり、休まざるをえない状況に陥っているということになるでしょう。

企業においては、産業医がストレスに苛まれる社員に対して使うようなコメントかもしれません。

その一方で、いい意味で使われることもあります。

スポーツなどで「閾値を超える」というと、「自分の限界を超える」ということになり、大きな成績を残すことにつながることもあるからです。

「閾値」の例文3

「生産管理システムで、閾値をこえてしまったけどので、再検証が必要だ」

このようにIT用語としても使われることがあります。

IT用語の「閾値」では、「その値を境にして動作や意味などが変わる値」のことを言っていますが、ここで言う「閾値」は、ユーザーの使い方や志向、動作環境などによっても大きく異なってきます。

様々な使用環境で使われているプログラムを制御するためには、一定レベルの値で決めることが難しいプログラムの動作を決定する数値として使われるからです。

「閾値」の例文4

「品質とレベルの閾値を上げることが今の目標です」

このようなケースも企業ではよくある場面です。

製品開発では、一定の品質を保つことが絶対条件となりますが、このように品質とレベルの「閾値」を上げることは、全ての企業において求められることです。

「閾値」には、ある一定のマージン(ゆとり)が設定されることもありますが、安全・安心性を高めることと、確実性・正確性を期すことが必要条件と言えます。

このような厳しい用件を満たすために、多くのエンジニアが日夜努力しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典