スポンサーリンク

「闇堕ち」と「悪堕ち」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「闇堕ち」と「悪堕ち」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「闇堕ち」「悪堕ち」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「闇堕ち」とは?

「闇堕ち(やみおち)」とは、「アニメ・漫画の世界において、善人・味方が自分の意思で悪の属性や価値観を身につけて悪事(犯罪)をするようになること」を意味しているアニメ用語です。

「闇堕ち」という表現は、「トラウマ・裏切り・絶望・虚無などを理由にして、善人だったはずの人が悪人となるダークサイド(闇の側)に堕ちること」を意味しているのです。

「悪堕ち」とは?

「悪堕ち(あくおち)」とは、「アニメ・漫画の世界において、善人・味方だったはずの人が悪(敵)の側について寝返ること」を意味しているアニメ用語です。

「悪堕ち」という言葉には、「悪の勢力の洗脳・教育・強制(拷問)によって、善人だったはずの人が悪人に変質してしまう」の意味もあります。

「闇堕ち」と「悪堕ち」の違い!

「闇堕ち」「悪堕ち」の違いを、分かりやすく解説します。

「闇堕ち」「悪堕ち」はどちらも「アニメ・漫画などの作中において、それまで善人だった人が悪人(悪の属性を持つ人)へと変化すること」を意味していますが、「闇堕ち」というのは「善人・味方だった人がトラウマや挫折感、虚無感によって悪人に変化して悪事・犯罪をするようになること」を意味しています。

「闇堕ち」に対して「悪堕ち」のほうは、「アニメ・漫画の作品世界において、それまで味方だった人物が急に裏切って敵になること」「悪の組織の洗脳・拷問などによって強制的に悪人にされてしまうこと(悪の側についてしまうこと)」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「闇堕ち」「悪堕ち」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「闇堕ち」とは「アニメ・漫画において、善人・味方が自分の意思で悪の属性や価値観を身につけて悪事をすること」「善人が悪人となるダークサイドに堕ちること」を意味していて、「悪堕ち」「善人・味方が悪の勢力の側に与して裏切ること」「善人のキャラが洗脳・拷問などによって無理やり悪人にされること」を意味している違いがあります。

「闇堕ち」「悪堕ち」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典