スポンサーリンク

「除菌」と「滅菌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「除菌」と「滅菌」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「除菌」「滅菌」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「除菌」とは?

「除菌」とは、「菌類(微生物)・ウイルスを取り除くこと」を意味しています。

「除菌」は一般的に使用されている言葉であり、専門用語として厳密に定義されている言葉ではありません。

そのため、「除菌」の表現には「何を対象にしてどのくらいの数にまで菌・ウイルスを減らすのか」といった具体的な定義はないのです。

「除菌」というのは、「対象となる物体・液体・空間に存在する菌・ウイルスを除いて、その数を減少させること全般」を示唆しています。

「除菌」の方法には、「洗剤・スプレー・ウェットシート・ジェル・手洗い・濾過」などさまざまな方法・アイテムがあります。

「滅菌」とは?

「滅菌」とは、「菌類(微生物)・ウイルスを滅ぼして無菌状態に近づけること」を意味しています。

「滅菌」は、「アルコール殺菌などを用いて、菌・ウイルスをできるだけゼロに近い状態にすること」を指しています。

日本薬局方の滅菌の定義は、「微生物の生存確率を100万分の1以下にすること」とされています。

人間や動物の生体の「滅菌」はほぼ不可能なので、「滅菌」の対象は「医療機器・医療用具・滅菌ガーゼ」などになります。

「除菌」と「滅菌」の違い

「除菌」「滅菌」の違いを、分かりやすく解説します。

「除菌」は、「菌・ウイルスをその数量を問わずに除いて減らすこと」に意味の重点が置かれています。

「滅菌」のほうは、「対象物に存在している菌・ウイルスを滅菌する前の状態と比べて、100万分の1以下に減らすこと」という具体的な数字を使用した定義が行われている違いがあります。

そのことから、「滅菌」のほうが「除菌」よりも、「菌・ウイルスを除去したり殺滅したりする効果が強い違い」を挙げられます。

「滅菌」は主に「滅菌ガーゼ・注射器・手術の道具」などに対して行われますが、「除菌」「非医療分野の一般的な除菌アイテムの効き目」として使われる違いも指摘できます。

「除菌」の例文

・『新型コロナウイルスの蔓延で除菌スプレーの売上が大きく増えましたが、市販されている一般的な除菌スプレーの多くはウイルスに効き目がありません。』

・『除菌用のいろいろなアイテムが売られていますが、もっともシンプルな除菌方法は石鹸をつけての手洗いです。』

「滅菌」の例文

・『医療機関における外科手術で使う各種の器具・ガーゼは、すべてアルコールなどで滅菌処理が施されています。』

・『ドラッグストアなどで販売されている除菌スプレーやシートでは、厳密な意味の滅菌まではできません。』

まとめ

この記事では、「除菌」「滅菌」の違いを詳しく説明しましたがいかがでしたか?

「除菌」とは「菌・ウイルスをさまざまな方法で取り除いてその数を減らすこと(具体的な減らす程度の定義はない)」であり、「滅菌」「対象に付着している微生物の数を100万分の1より少ない量に減らすこと」であるという違いがあります。

「除菌」「滅菌」の違いについて詳細に知りたい人は、この記事の内容を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典