スポンサーリンク

「陰湿な人」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「陰湿な人」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「陰湿な人」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「陰湿な人」とは?意味

「陰湿な人」とは、嫌がらせしたり、陰で悪口を言ったりするような、人に嫌われやすい性格の人を指す言葉です。

「陰湿な人」は、自分で自分の事が「陰湿な人」と認識しておらず、他人からとても嫌われたり避けられたりする傾向があります。

「陰湿な人」の概要

「陰湿な人」「いんしつなひと」と読み、「陰湿」とは、暗かったり、じめじめしたりするという場所や様子を表現する言葉です。

この場合の「陰湿」とは、人の性格を表現する言葉となっており、陰でこそこそしている性格を表しています。

そのためネガティブな意味で使われ、「陰湿な人」は嫌われる傾向にあります。

「陰湿な人」は基本的な思考がネガティブで、後ろ向きに考え、それを根に持つ傾向があります。

他人からの助言などでも、嫌味を言われていると錯覚してしまったり、ふとした事がきっかけで悪い意味と捉える場合があり、その些細なきっかけから、相手に対して仕返しを考えたり、嫌がらせをしようという考えに至ったりしてしまうのです。

「陰湿な人」は、普段その陰を表に出す事はなく、一見何の問題もない人に感じますが、「陰湿な人」は陰でそのような行動を取るため、一見して「陰湿な人」を判断する事は難しいです。

「陰湿な人」は、その行動や言動について他人の批判の的となり、それが引き金となり更に過剰な行動の原因となる場合があります。

言葉や嫌がらせでは収まらず、実際に暴力などの行動に発展する事もあり、「陰湿な人」はネガティブな思考が起因して負の連鎖に陥ってしまう事も少なくありません。

「陰湿な人」の言葉の使い方や使われ方

「陰湿な人」は、一見したら良い人に見え、初対面では「陰湿な人」とは気づけない場合があります。

長く付き合っていくにつれて、その人の本来の性格が分かっていき「陰湿な人」が露見するのです。

そのため、「陰湿な人」と指摘されるのは、その人の性格の本質が分かった時に使用されます。

「陰湿な人」に対して、本人に直接「あなたは陰湿な人だ」と指摘する事はあまりありません。

「陰湿な人」だと指摘された場合、その事が原因で更に問題が悪化してしまったり、攻撃を受けてしまったりする可能性があるためで、「陰湿な人」と使われる場合には、その本人がいない場所で使用される傾向にあると言えるでしょう。

「陰湿な人」を使った例文

・『初対面のA君は非常にやさしく人当たりがよい印象であったが、A君と長い付き合いのあるB君によると、A君は陰湿な人だそうだ』
・『私は過去に君は陰湿な人だと指摘された事があり、自覚が無かったためとてもショックを受けた』
・『陰湿な人の行動は、時に常識を逸している場合がある』

まとめ

「陰湿な人」は、その言動で嫌われたり避けられたりしてしまう傾向があります。

自分ではそれに気が付いていない場合が多く、エスカレートしてしまうと思わぬ行動を起こしてしまう場合があります。

「陰湿な人」には、注意した対応が必要になると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典