スポンサーリンク

「険しい表情」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「険しい表情」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「険しい表情」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「険しい表情」とは?意味

「険しい表情」は、不満や不愉快な気持ちなどが表情に現れている様子を指します。

表情に現れているという部分が重要となっており、通常、人は第3者と相対するとき、自分がいかにいやな思いをして不快だと感じてもビジネスや社交辞令においては相手に対して嫌な表情を見せることはあまりないです。

ですが、「険しい表情」はあえて不愉快だ、怒りが爆発しそうであるという表情を見せることが目的であると言えます。

「険しい表情」の概要

「険しい表情」は、顔に表立って表情で示すことで相手に対して威嚇を行う行為であるととらえます。

何故なら、通常、ビジネスや社交辞令においては相手に対してこちら側のマイナスとなる要素を伝えることは失礼に当たりますが、それをあえて決行し相手に対して不満や怒りを見せるということは威嚇ととらえることができるのです。

逆を返せば、そうし体格に似た行動をとるが故、ビジネスや社交辞令においては相手が不満を持っていることを理解するきっかけになるため空気を読むことができる人間であれば、「険しい表情」は一種の相手側の意思表示の一つであると言えるのです。

「険しい表情」の言葉の使い方や使われ方

「険しい表情」は、相手側がマイナス面に傾いた表情をしている場合使用される言葉です。

というのも、相手側が怒っていて表情が険しいのか、無理難題を言われたが故困惑しているのか、はたまた、単にこちら側を迷惑な人物としてみており、嫌々ながら対応しているのかが分からず、どれに該当するかわからないがとりあえずマイナス面に表情が傾いていると判断した場合、この言葉を使用すれば表情がマイナスに傾いていると周囲に述べることができるのです。

「険しい表情」の類語や言いかえ

「険しい表情」をマイナスに傾く表情であるとした場合、「怒りの形相」「困惑した顔」の他、「苦虫をつぶした顔」も言いかえや類語に相当します。

他にもマイナスに傾く表情については、「しけた面」の他「暗い面」があります。

まとめ

「険しい表情」は、人間が持つマイナス面に表情が傾くことを総称して呼ぶことです。

つまり、マイナス面へと感情が移行した場合、表情に現れますが、この時怒っているのか悲しんでいるのか、それとも怒りつつ悲しみかつ憐れんでいるのかなど複数の感情が混ざった場合、どれに該当する表情かわかりませんのでとりあえず、「険しい表情」という言葉に言い直せば、マイナスの表情で顔が歪んでいるとできるのです。

なお、「険しい表情」をなぜ人はするのかですが、ビジネスや社交辞令においても我慢の限界が人には存在しますので、我慢の限界を越えそうになると人は表情で態度を示すようになり、それが表情となって険しい顔で相手に接するため、表情を押し殺して感情を出さない人間の方が実は何を考えているか、何を感じ取っているかが分からないため恐ろしい相手であると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典