スポンサーリンク

「離脱」と「脱落」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「離脱」と「脱落」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「離脱」「脱落」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「離脱」とは?

「離脱」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「離脱」「りだつ」と読みます。

「離脱」には「ある状態から抜け出すこと。

組織などから離れること」
という意味があります。

例えば、戦争に参加している兵士が怪我をして、戦闘不能になった時、「戦線離脱する」ことがあります。

この場合は「戦闘が行われている第一線から、兵士が抜け出すこと」を意味します。

また、イギリスがヨーロッパ共同体から、抜け出したというニュースは、「イギリスがユーロから離脱した」と伝えられました。

スポーツの世界では、試合中などにけがをして、プレーができなくなった選手に対して、「○○選手が、怪我により試合から離脱を余儀なくされました」などとアナウンスすることがあります。

さらに、アルコール依存症の患者が、中毒状態から抜け出すときに様々な副作用が起こることを、「アルコール依存からの離脱症状」などと呼びます。

「脱落」とは?

「脱落」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「脱落」「だつらく」と読みます。

「脱落」には「抜け落ちること」という意味があります。

特に必要な記述が抜け落ちるとき、「書類にいくつかの脱落が見られる」などと言います。

また「脱落」には「集団や仲間についていけなくなること」という意味があります。

例えば、マラソンレースの後半になると、先頭集団から選手が一人ずつ、零れ落ちていきます。

このような様子を「先頭集団から、選手が脱落していきます」などと言います。

また「脱落」は、ビジネスシーンで使うこともあります。

同期社員が出世争いを繰り広げている中、限界を感じて、出世を諦める人が出てきます。

このようなとき、「Aは出世争いから、完全に脱落したな」などと噂されることになります。

「離脱」と「脱落」の違い

「離脱」「脱落」の違いを、分かりやすく解説します。

「離脱」には「ある状態から抜け出すこと。

組織などから離れること」
という意味があります。

一方「脱落」には「集団や仲間についていけなくなること」という意味があります。

どちらも、集団などから離れる意味がありますが、「離脱」「仕方なく、自分の意志で離れる」という意味があるのに対して、「脱落」の場合は、「力不足などによって離れざるを得ない」というような意味が強くなります。

例えば、「トップ戦線から離脱する」と、「トップ戦線から脱落する」という2つの言葉を比較した場合、「離脱すること」が非難されることは少ないのですが、「脱落すること」は非難されたり、陰口をたたかれる場面が多くなりそうです。

「離脱」よりも「脱落」のほうが、ややネガティブな印象があると言えるのではないでしょうか。

まとめ

「離脱」「脱落」の違いについて見てきました。

2つの言葉の違いを知り、言い分けられるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典