スポンサーリンク

「電子化」と「デジタル化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「電子化」と「デジタル化」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「電子化」「デジタル化」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「電子化」とは?

「電子化」とは、「本・書類・チケット・カルテなど、今まで主に紙媒体で利用・処理していたものを電子データに置き換えること」を意味している言葉です。

「電子化」には「人が手で読み書きするのではなく、パソコンやスマホを介して読み書きできるようにする」「ペーパーレス化」といったニュアンスがあります。

「電子化」は、「役所などへの申請作業をパソコンやスマホ経由でできるようにする」の意味も持っています。

「デジタル化」とは?

「デジタル化」とは、「人が書いたりつくったりしたアナログ情報を、コンピューターが読み書きしやすいデジタル情報に変換すること」を意味している言葉です。

レコードやカセットテープにアナログで録音していた音楽を、CD・サーバーにデジタルで保存するようになったのも「デジタル化」です。

アナログ放送がデジタル放送に変わったのも「デジタル化」で、一般的に「デジタル化」「0か1か等の離散値の組み合わせ」で表現することを意味しています。

「電子化」と「デジタル化」の違い!

「電子化」「デジタル化」の違いを、分かりやすく解説します。

「電子化」「デジタル化」「コンピューターが処理しやすいデジタルデータに変換するという結果」の意味は同じなのですが、それぞれの言葉を使用する文脈や視点が異なっています。

「電子化」というのは「今まで紙媒体で利用することが多かった書籍・書類(申請作業)・チケットなどを、電子データに置き換えること」を意味しています。

「電子化」に対して「デジタル化」というのは、「アナログ情報(連続的な数値)をデジタル情報(0・1等の離散値の組み合わせ)に置き換えること」を意味している違いがあり、「デジタル化」「書類の申請作業などを電子データ化する意味」ではほとんど使われません。

まとめ

「電子化」「デジタル化」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「電子化」とは「本・チケットなど今まで紙媒体でやり取りしていたものを電子データに置き換えること」を意味していて、「デジタル化」「アナログ情報をコンピューターが読み書きしやすいデジタル情報に変換すること」を意味している違いがあります。

「電子化」「デジタル化」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典