スポンサーリンク

「電話する」と「通話する」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「電話する」と「通話する」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「電話する」「通話する」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いを把握して、日常で固定電話やスマホを使う際に意識してみると非常に面白いです。

スポンサーリンク

「電話する」とは?

ここでは「電話する」という意味についてご説明致します。

「電話する」という意味とは、固定電話やスマホを使い、相手に電話することを指しております。

特にサラリーマン等している方は、日常的に固定電話やスマホを使い取引先とのやり取りがあるかと思いますので、非常にイメージしやすいでしょう。

もっと簡単に書きますと、「電話をかける」の方がしっくりくるかと思いますので、覚えておいてください。

「通話する」とは?

次は「通話する」という意味について解説していきます。

「通話する」という意味については、固定電話やスマホ等を使い、会話する事を指しております。

この状態は、「電話をかけた状態」と認識されると分かりやすいでしょう。

そして、「はい。

もしもし~です」
と出た後の場面を指しておりますので、是非覚えておいてください。

参考にしてみてください。

「電話する」と「通話する」の違い

この項目では「電話する」「通話する」の違いを分かりやすく解説します。

「電話する」「通話する」の違いについては、上記で解説した意味について照らし合わせていくと簡単です。

「電話する」とは、固定電話やスマホを使い、電話をかけるまでの場面を指していると認識されると分かりやすいです。

一方で「通話する」とは、上記の「電話する」の状態を満たしたことが前提となっているのです。

したがって、「はい。もしもし●●です」と出た後の場面で、ここから電話機を使い会話する時と認識してください。

これが「通話する」という意味になるのです。

以上が「電話する」「通話する」の違いとなりますので、普段の生活で電話機を使う事がある時に意識してみると、ちょっとだけ楽しいでしょう。

「電話する」を使った例文

ここでは「電話する」を使った例文を書いていきます。

・『後で電話するので待っていてください』
・『電話すると言っていたから待っていようと思う』
・『電話するのを躊躇ってしまった』
・『改めて電話するので、その時に例の話をしましょう』
・『謝罪するならば、こちらから電話するのが筋だ』
以上が「電話する」を使った例文となりますので、是非とも把握しておいてください。

「通話する」を使った例文

次は「通話する」を使った例文を書きます。

・『友人と通話するのは数年ぶりだった』
・『通話するのは楽しいが、通話料金が気になる』
・『最近、LINEで通話する人が多いようだ』
・『会社の上役と通話するのは緊張してしまう』
・『若者はスマホで通話するのが当たり前のようだ』
以上が「通話する」を使った例文となりますので、日々の生活に取り入れてみてください。

「まとめ」

最後に「電話する」とは「電話をかける」までの場面を指していると認識してください。

それから「はい。もしもし●●です~」という言葉の後に、会話が始まるのを「通話する」という意味になってきます。

以上が「電話する」「通話する」の違いになりますので、日々の生活で電話を使う時にこの記事を思い出していただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典