スポンサーリンク

「需要」と「ニーズ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「需要」と「ニーズ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「需要」「ニーズ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「需要」とは?

「需要」は絶対に必要ではないものであるが、あれば生活や心に対してゆとりを生んだりするものをさします。

例えば、「一日三食」必要である食事は必ず1回はとらなければ人間はだんだんとやせ衰え命の危険が生じるため必ず必要なものであるとしますが、お菓子などの飲食物は、別に一日口にしなくとも何ら影響を及ぼしません。

これを「需要」といいあればそれでよいがなくとも別にそれでよいものを「需要」といいます。

「需要」の使い方

「需要」は一応あればそれでよいものに対して「需要品」「需要がある」と記すことで一応必要な存在ではあるが別になくとも生活に困らないとする場合使用する言葉です。

「ニーズ」とは?

「ニーズ」は生活をする上で必要不可欠なものをさす言葉です。

例を挙げると、人間が食べる食料などそれがないと生命が危ぶまれるものを「ニーズ」があるとします。

「ニーズ」は英語の「needs」からきている言葉で必要である物たちを示す言葉です。

者たちであるため、複数のものをさす言葉で一概にそれ一つあれば生活に困らないという単純なものではありません。

「ニーズ」の使い方

「ニーズ」はないとどうなるかを示すことができて初めて「ニーズ」がある品物であるとするのです。

したがって「ニーズ」という言葉を用いることができるのは必要性があるものであればなんでも「ニーズ」とすることが可能です。

逆に、必要ではないものは、「ニーズ」と呼ばず「無用」とすることで不必要であるとします。

「需要」と「ニーズ」の違い

「需要」は一応あればそれだけ生活が楽になったり楽しくなったりと利用者が精神的や肉体的に楽になることになりますが、「ニーズ」は絶対に必要なものでそれが枯渇すると生活や命すら失われるものを意味するため、違いは絶対に必要である物をさすか、そうではないかです。

「需要」の例文

・『このお菓子の需要はいかほどか?』
この例は、お菓子がどの程度生活の中で浸透し必要とされているかを示している例です。

ここで注目すべくは「需要」という言葉で「需要」は絶対的に必要ではないがあればそれで生活が楽しくなったり精神的に楽になるという側面があるため、この場合、お菓子がどの程度生活の中に浸透し生活を支えているかを聞いているわけです。

「ニーズ」の例文

・『お米はいまだ日本人にニーズがある』
この例文は、お米という商品が未だに日本人の生活基盤の中に浸透し必要であるとしている文です。

「ニーズ」は必要性が高いものをさすため、この場合、「ニーズ」という言葉を用いることで必要性が高いとします。

なお、この例では、「ニーズ」とすることで必死さを表しており、お米は別になくとも生活上口にしなくても生命に影響を及ぼしませんが、必死さを表すためにあえて「ニーズ」とすることでなければ大変になるということを表しているのです。

まとめ

「需要」「ニーズ」の違いですが、「需要」はあくまで絶対的に必要としてないがあればそれでよしとしていますが、「ニーズ」は絶対に必要であるというもので違いは必要性が異なります。

そのため、「ニーズ」は、絶対的に見て生活の中に広く浸透していてそれがないと生活に困るというものをさします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典