スポンサーリンク

「霊力」と「魔力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「霊力」と「魔力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「霊力」「魔力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「霊力」とは?

「霊力」の意味と使い方について紹介します。

「霊力」の意味

「霊力」「れいりょく」と読みます。

意味は、「人が持つ生命エネルギーによる、人知を超えた能力」です。

「霊力」の使い方

「霊力」は、人が持つ生命エネルギーにより操られる、人知を超えた能力のことを言います。

人は生きていくのに必要な感覚機能として「聴覚、味覚、視力、感覚、触覚」の五感を持っています。

そして、実際に目の前にあるものにはないものに対して反応する「第六感」を持っている人もいます。

「第六感」とは、ものごとの本質や状態、将来などが理屈抜きに感じとってしまう能力で、これが強いと「霊力がある」と言われます。

つまり、「霊力」とはその人が持っている能力で、磨けばより強くなるものなのです。

「魔力」とは?

「魔力」の意味と使い方について紹介します。

「魔力」の意味

「魔力」「まりょく」と読みます。

意味は「人をまどわし、ひきつける不思議な力」です。

「魔力」の使い方

「魔力」は、相手にはその意思はがなくても、魅了したり、惑わしたりする能力のことを言います。

例えば、あるものを見た途端に夢中になり、そのことしか考えられなくなってしまう状態を「魔力に取り憑かれる」と言います。

「魔力」は、相手の意思を変えたり、自分の思い通りに動かそうとする能力であり、相手に対して何らかの影響を与えるものです。

海外の場合は悪魔信仰があるので、悪魔と契約して得た力のことを表すことが多いのですが、日本の場合は人を惑わす不思議な力として使われることが多くなります。

「霊力」と「魔力」の違い!

「霊力」「人が持つ生命エネルギーによる、人知を超えた能力」です。

「魔力」「人をまどわし、ひきつける不思議な力」です。

まとめ

今回は「霊力」「魔力」の違いをお伝えしました。

「霊力は勘付く能力」「魔力は人を惑わす能力」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典