スポンサーリンク

「非がある」と「否がある」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「非がある」と「否がある」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ読みの漢字は、どの漢字を使ったらいいのか迷うことがありませんか。

この記事では、「非がある」「否がある」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「非がある」とは?

「非」には、正しくないさま、誠実でないさまという意味があります。

「非がある」とは、客観的価値観から正しくないさまのことです。

客観的とは、特定の立場にとらわれない、物事の捉え方のことを意味します。

客観的の対義語は主観的です。

主観的とは、自分一人のものの見方、考え方のことを意味します。

つまり、「非がある」は自分の立場にとらわれて見た正しさではなく、立場にとらわれない価値観からの正しくないさま、誠実でないさまを意味しています。

「否がある」とは?

「否」には、そうではない、認めないことという意味があります。

「否」という漢字は、口と不から成っており、口で否定することを表しています。

「そうではないことがある」では意味がおかしいので、「否がある」とはしません。

「非がある」と「否がある」の違い

「非」「否」は、どちらも「ひ」と読みます。

「ひがあある」というときは、「非」の漢字をするのが正しいです。

「非がある」とは、客観的価値観から正しくないさまや、誠実でないさまを意味します。

「否がある」は間違いです。

まとめ

同じ読みの漢字は、どの漢字を使ったらいいのか迷うことがありますが、正しくは「非がある」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典