スポンサーリンク

「非リア充」と「リア充」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「非リア充」と「リア充」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「非リア充」「リア充」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「非リア充」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「非リア充」とは?

最初に「非リア充」の意味をご説明致します。

「非リア充」とは、基本的に日常生活が全くといっていいほどに、充実していない人間のことを指す言葉となります。

ネット上では、よく見かけることがあるはずです。

「リア充」とは?

次に「リア充」の意味を解説していきます。

「リア充」の場合は、前者とは全く逆のことです。

したがって、プライベートの日常生活が非常に充実して、楽しく暮らしている人のことを表している言葉となっております。

「非リア充」と「リア充」の違いとは?

ここでは「非リア充」「リア充」の違いを取り上げてみましょう。

「非リア充」とは、日常生活が全く充実もせずに、無気力な状態で生きている人のことを指します。

例えばですが、引きこもりやニートの方々は「非リア充」になるでしょう。

「リア充」の場合は、前者とは逆で日常が楽しく、充実した日々を生きている人間のことを表しているのです。

「非リア充」と「リア充」の使い方の違い

この項目においては、「非リア充」「リア充」の使い方の違いを説明します。

「非リア充」を使う場合は、プライベートが全く充実していない人のことを指すときに使います。

そして、「リア充」を使うときは、日常生活を楽しく生きている人間を表すときに使います。

それぞれの使い方を見ていきましょう。

前者の使い方

「非リア充ほど、妙に明るく振舞う特徴があると感じてしまいました」

後者の使い方

「リア充の人は、SNSなどで交流を深める人が多いようだ」

「非リア充」を使った例文

ここでは「非リア充」を使った例文を書いていきます。

・『自分が非リア充なので、リア充の人が羨ましいです』

・『会社の人間からは、非リア充と思われているようだが、それでも関係ない』

・『リア充から非リア充に転落してしまいました』

・『非リア充の人間は、身だしなみもいい加減になってしまいます』

・『非リア充のになると、話などが非常につまらない人間になってしまいました』

「リア充」を使った例文

最後の項目においては、「リア充」を使った例文を書きます。

・『非リア充からリア充になれました』

・『リア充でSNSを使う人ほど、実は淋しがり屋なのかもしれない』

・『リア充爆発しろという言葉も、ネット上で見かけることがあります』

・『リア充は心身ともに健康なことが前提だと思います。心身ともに病んでいれば、何も楽しくないのです』

・『リア充の人は、身だしなみにも気を遣い、話も楽しい人が多いように思う』

まとめ

まとめとして「非リア充」とは、日常生活が全く充実せず、楽しく生きていない人の事を指す言葉となっております。

「リア充」は前者の逆となります。

したがって、プライベートが充実して楽しく生きている人間を表しております。

どちらもネット上で見かける言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典