スポンサーリンク

「面接会」と「選考会」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「面接会」と「選考会」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「面接会」「選考会」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「面接会」とは?

「面接会」とは、企業などが人材を採用するために応募者を集めて、選考する会です。

「面接」には、人物に直接会うことという意味があります。

なぜ直接会うのかというと、その人物の能力や人物像を知るためです。

「面接会」の方式には、個人面接と集団面接があります。

個人面接は、応募者ひとりと複数人の面接官で行われるものです。

集団面接は、複数人の応募者と複数人の面接官で行われるものです。

「選考会」とは?

「選考会」とは、適切な人材を選ぶために企業などが行うものです。

「選考」には、能力や人柄などを調べて適格者を選びだすことという意味があります。

「選考会」は1日で終わるものもあれば、1次選考から最終選考まで数日かけて行うものもあります。

「選考会」では、筆記試験、適性検査、面接などが行われます。

「面接会」と「選考会」の違い

「面接会」「選考会」も企業などが採用者を決めるために行うものです。

では、何が違うのでしょうか。

まず日数が違います。

「面接会」は1日で終わることが多いのですが、「選考会」は数日かけて行われることがあります。

どういったことが行われるのか内容も違います。

「面接会」では面接のみですが、「選考会」では筆記試験や適性検査なども行われます。

まとめ

「面接会」「選考会」はほぼ同じ意味ですが、「面接会」は面接のみ、「選考会」は筆記試験などもあるという点が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典