「面談」と「面接」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「面談」と「面接」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「面談」「面接」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「面談」とは?

「面談」の意味と使い方について紹介します。

「面談」の意味

「面談」「めんだん」と読みます。

意味は「相手と直接会って話をすること」です。

「面談」の使い方

「面談」は、直接相手と顔を合わせて話し合いをすることを言います。

基本的に双方が平等な立場で話し合い、意見交換するのが目的になります。

合否の選考などは含まず、相手の考えていることを知ったり、助言やアドバイスする時の表現です。

悩み事や相談がある時にカウンセラーと「面談」したり、仕事上で相談したいことがあれば上司や人事の担当者「面談」します。

また、就職活動における「面談」は、企業側と応募者が双方の希望を擦り合わせる為に行われることが多く、「面接」では聞けないことも質問できるというメリットがあります。

「面接」とは?

「面接」の意味と使い方について紹介します。

「面接」の意味

「面接」「めんせつ」と読みます。

意味は「直接会うこと、特に募集者が応募者に直接会って選考の判断基準にすること」です。

「面接」の使い方

「面接」は、ある人材を必要としている人や組織が、応募者の能力を判断する為に、直接会って話をすることを言います。

本来は「顔を合わせること」という意味ですが、就職活動の手段として「合否を判定する試験」という意味で使われることが多くなっています。

大勢の中から最もふさわしい人材を選ぶ為に、直接会って色々と質問することで、面接する側とされる側として、上下関係があります。

「面談」と「面接」の違い!

「面談」「相手と直接会って話をすること」です。

「面接」「募集者が応募者に直接会って選考の判断基準にすること」です。

まとめ

今回は「面談」「面接」の違いをお伝えしました。

「面談は意見交換」「面接は合否判定がある」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典