スポンサーリンク

「革新」と「革命」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「革新」と「革命」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「革新」「革命」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「革新」とは?

「革新」は、今ある社会基盤を維持しつつ、新しい仕組みを考えることです。

つまり、社会基盤が、民主主義である場合、民主主義を維持しつつ、新しい法律などの枠組みを付け加えていくという考えが「革新」になります。

なお、「革新」は社会基盤である必要性はなく、別のものに置き換えてそのものの根源であれば別のものでも言い表せます。

「革命」とは?

「革命」は、社会の基盤すべてを一度入れ替えることです。

完結に言えば、社会の基盤が、共産主義であったと仮定した場合、民衆が組織基盤について不満を抱くことで別の基盤へと移行するのが「革命」「革命」は民衆の不満によっておきます。

「革命」も、社会基盤を中心にせずとも、別のものに置き換えてその物の根源であれば言いかえることが可能です。

「革新」と「革命」の違い

「革新」「革命」の違いは、社会基盤を覆そうとするか、単純に社会基盤のアップデートを行うかです。

「革新」は、社会基盤のアップデートになり、法律などを新しく作ったり改良することですが、「革命」は社会の構造自体が覆り、民衆によって引き起こされるという違いがあり、「革新」は、民衆が引き起こさずとも、政治家などが制度を変えようと考えれば変わります。

「革新」の例文

・『電動ドリルは革新的な産業発明だ』

この例は、電動ドリルという機械は、元の手動式ドリルと比較した場合、新しい仕組みであるとした例です。

「革新」は、仕組みに関する機構が新しくアップグレードされることに当たるため、この例では手動式ドリルから、電動へと変わったことが新しい仕組みになります。

・『革新的なアイデアだ』

この例は、アイデアが新しい考えで構成されているとした例です。

この例では、元のアイデアを残しつつ、アップグレードという形でアイデアが更新されたということを指します。

「革命」の例文

・『革命は民衆が扇動することによって成立する』

この例は、社会基盤の総入れ替えは、民衆が今の社会基盤に不満があり、民衆が率先して先頭に立つことで成立するという例になります。

これら、「革命」の在り方は中世においては民衆が扇動する形で話が進むことで、社会基盤そのものが全く異なる物へと変わった歴史が多いです。

・『革命と戦争はつきもの』

この例は、社会基盤の総入れ替えを行う際、戦争という行為が付きまとうという意味です。

社会基盤が大きく変わる際、排除運動という物があり、これらの行為が戦争行為に当たり、民衆に大量の軍隊をけしかけて排除するということを指しています。

まとめ

「革新」「革命」の違いは、元となる社会基盤を残すか、そうではないかです。

「革新」はいわばアップデートのことで元となる物を残してアップデートしますが、「革命」は根本を破壊して違う物に置き換えるので、社会基盤であれば全く異なる物へと置き換わります。

なお、「革新」及び、「革命」の基盤は、別に社会基盤でなくともよく、ITや機器類の変革を言うのであれば、元となる基盤やフレームであれば社会基盤と同じ意味を指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典