スポンサーリンク

「順張り」と「逆張り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「順張り」と「逆張り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「順張り」「逆張り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「順張り」とは?

株式投資を行う上で必要な知識となる「順張り」

「順張り」とは、株価の流れ、トレンドに合わせ自分が保有する株を売買する行為を意味します。

いわば、周りの状況に合わせ、周りの人たちと同じように株の売買を行うといったものとなります。

「順張り」のメリットとしては、初心者にもおすすめの点です。

「順張り」の基本は、株価の上昇トレンド、下落トレンドに応じての売買となります。

そのため、利益が生まれやすく大損をする可能性が低い方法となります。

購入した株が上手く上昇すれば、勝手に利益が膨らんでいく、そんな投資方法です。

「順張り」の場合、株を購入するタイミングが非常に重要です。

それは、言い換えれば、株を購入するタイミングを逃さなければ、大きな利益を期待することができるとも言えるのです。

一方、デメリットとしては、判断の見極めが難しい点です。

少しでも、上昇トレンドや下落トレンドの判断が遅れてしまうと大きな損失を抱えてしまう可能性があります。

「逆張り」とは?

株式投資を行う上で必要な知識となる「逆張り」

「逆張り」は、株価の流れ、トレンドに逆行し株を購入することを意味します。

簡単に言えば、株価が下落した際を見計らい、株を購入する方法となります。

この「逆張り」の場合、今後、その株が上昇するのかといったことを予想し購入することになります。

そのため、株に対する知識がない人にはおすすめできない方法です。

「逆張り」のメリットとしては、株が安い時に購入するため、成功すれば大きな利益を生むことができる点にあります。

その一方、知識がない人が行う場合や予想を読み間違えることで、大きな損失を生む可能性も十分考えられる方法となります。

「順張り」と「逆張り」の違い

まったく反対の投資方法となる、「順張り」「逆張り」

「順張り」は、株価の上昇トレンド、下落トレンドに従い株を売買する方法で、初心者でも安心し利用することができる株式投資方法です。

一方、「逆張り」の場合は、株価の上昇トレンド、下落トレンドに反し株を売買する方法です。

そのため、株に対する高い知識が求められるものとなり、初心者にはおすすめできない株式投資方法となります。

以上のように株式投資方法に対する方法が真逆ともいえる「順張り」「逆張り」

それぞれ、株を購入するタイミングも異なるため、どちらが自分に合った投資方法なのか、良く見極め選択する必要があります。

ただし、どちらも売り時は難しいといった共通点があります。

「順張り」の場合、株価が下落した際の見極めが難しく、「逆張り」の場合、一度上昇した株価がどこまで上昇するかの見極めが難しくなります。

まとめ

株式投資を行うのであれば、必ず知っておきたい「順張り」「逆張り」

まずは、自分自身、どちらの株式投資方法があっているのか見極め、そのうえで、株式投資を始めることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典