「預貯金」と「貯金」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「預貯金」と「貯金」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「預貯金」「貯金」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「預貯金」とは?

「預貯金」とは「預金」「貯金」のことを言います。

「預金」とはお金を銀行、金融機関に「預ける」ことです。

「貯金」という言葉はお金を蓄えるという意味になります。

銀行にお金を預けておき、支払いなど引き落としに使う人もいれば、ただ蓄えておくだけという人もいるでしょう。

ですから銀行で通帳を作りお金を入金することは「預貯金」と言い表します。

ただし、郵便局の場合はお金を預けることを「貯金」と言います。

「貯金」とは?

「貯金」とは、お金を貯めること、また貯めたお金そのもののことを言います。

郵便局、農業協同組合などにお金を預け入れることも「貯金」と言い表します。

「貯金」の方法は人それぞれで、「貯金箱」に500円玉を貯めることもありますし、銀行などに「定期預金」として長く預け入れることもあります。

どのような方法であれお金を蓄えることは「貯金」という言葉で表すことができるのです。

「預貯金」と「貯金」の違い!

「預貯金」「貯金」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は同じような意味合いですが、微妙な違いがありますので使い分けをするようにしてください。

「預貯金」「預金」「貯金」という意味になります。

一般的に「預貯金」とは銀行にお金を預けること、貯めておくことといった意味です。

郵便局、農業協同組合、漁業協同組合などはお金を預けることを「貯金」と言います。

「貯金」という言葉の意味は「お金を貯める」「貯めたお金」となりますので、金融機関に入れておくことも、自宅にお金を保管しておくことも、どちらも「貯金」という言葉で表すことができます。

「預貯金」の場合は預けているお金と貯めているお金ですので、引き落としなどに使うこともあります。

「貯金」は使わずに貯めておくことです。

これが違いと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「預貯金」「貯金」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

似たような言葉ですが、微妙な違いがあります。

意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典