スポンサーリンク

「預金通帳」と「貯金通帳」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「預金通帳」と「貯金通帳」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「預金通帳」「貯金通帳」はどちらも「通帳」にかかわる言葉ですが、違いを知っています。

この記事では、「預金通帳」「貯金通帳」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「預金通帳」とは?

「預金通帳」とは、銀行が発行する帳面の一種です。

預金者が普通預金などの受け入れをした際に、預金契約が成り立ったことや、預金債務があることを証明するために発行されます。

「預金」とは、金融機関に金銭をあずけることや、あずけてある金銭のことです。

「預」には、あずける、あずかるという意味があります。

「預金」には、普通預金、定期預金、当座預金などがあります。

「貯金通帳」とは?

「貯金通帳」とは、貯金をするための通帳のことです。

「貯金」とは、金銭を貯めることです。

「お小遣いを貯金する」などのように言います。

「貯」には、たくわえるという意味があります。

「たくわえる」とは、金銭や品物をのちのためにためておくことを意味します。

「通帳」は預貯金などの年月日・金額などを記入しておく帳面のことです。

「預金通帳」と「貯金通帳」の違い

「預金通帳」「貯金通帳」の違いを、分かりやすく解説します。

「預金通帳」とは、金融機関が預金者に対して預金契約の成立や預金債務があることを証明するために発行する帳面のことです。

「貯金通帳」は貯金をするための通帳です。

「預金通帳」の用途を「貯金」に限定したものといえます。

まとめ

「貯金通帳」は金銭を貯めるための通帳で、「預金通帳」の一種といえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典