スポンサーリンク

「領海」と「排他的経済水域」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「領海」と「排他的経済水域」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国際的なニュースを見ていると、似たような言葉が登場して、どういう意味なのかなと思うこともあります。

この記事では、「領海」「排他的経済水域」の違いを分かりやすく説明していきます。

改めて用語の違いを、知っていきましょう。

スポンサーリンク

「領海」とは?

領海とは、陸側の水域のこと。

その国の陸地から、およそ12海里までの海を「領海」とよんでいます。

ちなみに12海里は22キロくらい。

陸地から22キロまでの海が領海です。

ちなみに領海の「領」には、国家の主権がおよぶという意味があります。

国家の主権がおよぶというのは、その国が権利を主張していいということ。

領海は「沿岸国のもの」と決まっているので、勝手に他の国が領海にはいることはできません。

また無断で漁をおこなうことも、禁じられています。

他の国が干渉してはならないものとして、領海のほかに領土と領空があります。

領土は陸地のこと。

領空は空のことです。

国の近くで争いが起こらないように、国際的なルールで領海や領空はまもられています。

「排他的経済水域」とは?

排他的経済水域は陸地から、200海里までの海のこと。

およそ370キロにおよぶ、巨大な海域のことです。

排他的経済水域のことをEEZと呼ぶこともあります。

排他的経済水域の「排他的」というのは、わかりやすく言うと「他のものを寄せ付けない」ということ。

つまり他国を寄せつけないための「経済水域」ということです。

排他的経済水域では、沿岸国は海洋の調査をおこなったり人工島をつくったり、経済のために活動をおこなってもいいとしています。

排他的経済水域では許可をもらえば、他国の船が操業をおこなうことも認められています。

ただ一方的に操業をおこなうのは、排他的経済水域のルール違反にあたります。

そのため海上保安庁などが、違法する船がいないか、日夜取り締まりをおこなっています。

「領海」と「排他的経済水域」の違い

地理の勉強でも登場する「領海」「排他的経済水域」

「領海」「排他的経済水域」の違いを、分かりやすく解説します。

・陸地からの距離が異なる
「領海」「排他的経済水域」は区別がつきにくいのですが、順序立てて考えていくと、脳が混乱せずにすみます。

陸地に1番ちかいのが領海。

領海までの長さは12海里です。

その次にあるのが接続水域。

陸地から接続水域までは24海里あります。

そして次に出てくるのが排他的経済水域。

陸地からの長さは、200海里です。

つまり陸地から近い順に並べていくと、領海(12海里)、接続水域(24海里)、排他的経済水域(200海里)となります。

領海はその国のいわば、領土のようなもの。

排他的経済水域はその国が、経済的に活動をおこなえる海です。

まとめ

「領海」「排他的経済水域」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも学校の地理の授業で覚える項目です。

領海とは陸地から、12海里までの海のこと。

排他的経済水域とは陸地から200海里の、経済活動を優先的におこなえる海です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典