スポンサーリンク

「顕在している」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「顕在している」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「顕在している」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「顕在している」とは?意味

「顕在」は、「けんざい」と読みます。

目で見て確認できるほどはっきりとした姿かたちが確認できる状態のことです。

つまり、隠れることなく見えている状態で存在しているという意味です。

顕在の顕には、よく目立つ様子や明らかにするという意味があり、在はその場所にあることやいることを表しています。

そして、その状態こそが顕在しているということなのです。

「顕在している」の概要

顕在しているということは、誰もが同じ条件下にいるとするとほとんどの人が認識できる絶対的な様子を表します。

同じ条件下にも関わらず、ほんの数人しか認識できないのであれば顕在している状態とは言えません。

どのような人にも明らかに認識できる状態こそが顕在している状態なのです。

「顕在している」の言葉の使い方や使われ方

あらゆる物事について、シンプル化が求められています。

誰もが理解しやすいアピールのほうが万人の心に強く訴えることが可能であるからです。

つまり、顕在している状態がより好まれていると言えます。

具体的な例を挙げると、『若者の志向が顕在している商品の開発が求められている』のように使われます。

また、顕在を顕在化として使われるケースも非常に多く、『顕在化させ、より多くの世代にアピールしたい』という使い方が一般的です。

今まで見え難く、分かり辛かったものをより明確な姿かたちに置き換えてみるという変化を顕在化とするわけです。

顕在化には分かりやすく、すぐに理解してもらえるメリットがあります。

「顕在している」の類語や言いかえ

顕在していることに似た言葉として、明確が挙げられます。

明確は、はっきりと確かな様を表す言葉であり、顕在している状態にとてもよく似ています。

例を挙げてみましょう。

『気の合わない同僚との険悪さが顕在している状態で気まずい』
『~険悪さが明確になり気まずい』
このように言いかえることができます。

他にも、疑う余地のない様を表す明白、物事が持っている性質や特徴が著しい様を表す顕著も類語のひとつです。

顕在と同じくらい浸透していない言葉としては、顕然が挙げられます。

「けんぜん」と読み、明らかな様子を表している言葉です。

まとめ

「顕在している」という言葉を学んだ記憶は誰もが薄れてしまっています。

それほどに、あまり馴染みのない言葉だからです。

言葉自体は耳にしたことがあっても、「文字として書いたことは一度もないかもしれない」という人はさらに多いことでしょう。

しかしながら、それで困ったこともなかったのではないでしょうか。

世の中には使わなくても済む言葉はたくさんあります。

ただし、使わなくとも知らないよりは知っておいたほうが良い言葉はたくさんあるのです。

「顕在している」もそのひとつです。

普段は口にすることが無くても、頭の片隅で覚えていれば役に立つ日がやってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典