スポンサーリンク

「類似語」と「類義語」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「類似語」と「類義語」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「類似語」「類義語」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「類似語」とは?

似ているところが多く、相当の部分で同じである語です。

似通っている語のことです。

何が似ているのか、明確な定義はありませんが、主に音が似ていること、意味が似ていることをいいます。

たとえば、音が似ている語だと、「足(あし)」「はし(端)」などがあります。

どちらの言葉も2音から成っており、言葉の最後が「し」となっています。

そして、「は」「HA」と母音が「あ」です。

音が似ている語は、聞き間違えてしまうことがあります。

意味が似ている語には、たとえば「雨が上がる」「日差しが戻る」があります。

どちらも日差しが出るという意味を含んでいます。

「類似語」の使い方

似ている語という意味で使用をします。

何が似ているのかは意味に含まれていないため、音が似ている語を指す場合もあれば、意味が似ている語を指す場合もあります。

「類義語」とは?

語の形は違うけれど、意味が似ている2つ以上の語のことです。

2つの語が似ていることも、3つの語が似ていることも、それ以上の数の語が似ていることもいいます。

たとえば、生活をする場所を表す語には、「家」「住宅」があります。

語の形は違いますが、同じようなことを指しています。

その他に似ているものとしては、「買う」「購入」があります。

どちらの言葉も、商品の対価を金銭として支払い、あるものを自分のものにするという意味を持っています。

この他にも、意味が似ている語はたくさんあります。

この言葉が意味していることは、その後が示す内容が似ているということであり、音が似ていることや、文字の形が似ていることではありません。

「類義語」の使い方

形は違うけれど意味が似ている語のことを指して使用をします。

意味が似ている語に使うもので、音が似ている語には使用しません。

「類似語」と「類義語」の違い

どちらの言葉にも、「類」「語」という漢字が使用されています。

「類」には似ているという意味があり、「語」にはことばという意味があります。

つまり、どちらも「似ている言葉」という意味合いがあるのです。

しかし、何が似ているのかという点に違いがあります。

前者の言葉は、何が似ているのか明確に定義されていませんが、音や意味が似ていることを主にいいます。

後者の言葉は、意味が似ていることです。

「類似語」の例文

・『類似語を探す』

・『類似語だから聞き間違えてしまった』

・『類似語の使い方に注意をする』

・『友達はいろいろな類似語を知っている』

「類義語」の例文

・『類義語を3つあげてください』

・『類義語の意味を調べてください』

・『いくつの類義語を知っていますか』

・『類義語を辞書で調べる』

まとめ

2つ以上の語の間で同じ部分があるという意味合いを持つ言葉です。

2つの言葉は、同じ部分とは何を指しているのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典