「風情」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「風情」

風情という言葉は「ふぜい」と読みます。

非常に主観的な表現ですからなかなか難しいと思う人もいるかもしれません。

風情というのは独特の趣、味わい、気配、様子などを指しており、日本に存在する美意識の1つだと言われています。

例えば京都の清水寺や金閣寺を見て風情を感じる、などといった言い方があります。

「風情」の意味

風情があるというのは趣があるという意味であり、日本独特の考え方の1つだといえます。

例えば長い時間を経てもたらされた劣化、日本の季節が作り出すはかないものや質素なもの、美しいものなどを風情があると表現することがあります。

例えば清水の舞台の背景に紅葉がたくさん映えている景色などはまさに風情があると言えるでしょう。

「風情」の言葉の使い方

それならば、風情があるという表現はどのように使えるのでしょうか。

日本独特の表現ですから、例えば日本国内の文化財や世界遺産などを訪れた時、風情があるという表現を使うことができます。

平等院鳳凰堂や東大寺などを見たとき、日本文化の美しさを感じ、風情があると表現することも可能です。

「風情」を使った例文・短文(解釈)

ここでは実際に不正という言葉を使った例文もいくつか紹介します。

日本国内で文化財などを訪れた時はぜひ利用してみてください。

「風情」の例文1

「金閣寺は本当に風情があり、外国人にも人気がある」

日本文化は非常に趣があると言われており、外国人も多く訪れています。

特に京都はそのような建築が多く、清水寺や金閣寺、銀閣寺など、誰もが訪れた経験がある場所も多いのではないでしょうか。

そのような場所に行き、日本古来の美しさに触れたとき、風情があるという表現を使うことができます。

日本古来の美しさ、日本が持つ自然の美しさなどを見たとき、この表現が使えます。

「風情」の例文2

「満開の桜は本当に風情があるね」

4月になると桜が咲き誇りますよね。

この時期は新入社員を迎えたり新乳清を迎えたりして、職場や学校などでも歓迎会をしながらお花見をするという人たちも多いのではないでしょうか。

桜が咲き誇る景色は日本古来の美しさといえます。

桜は日本が持つ独特の文化であり、満開に咲き誇る桜などは日本人の心を象徴していると言えるでしょう。

ちなみに日本はアメリカと友好関係を結び、ワシントンのポトマック川周辺に日本から桜を送りました。

そのため、この地域では日本の桜が咲き誇っています。

「風情」の例文3

「彼女の着物の柄はいつも本当に風情がある」

最近では着物を着る人が減りましたね。

成人式や大学の卒業式などでは振袖や袴を着ることがあっても、それ以外ではなかなか着物を着ないという人もいるのではないでしょうか。

しかし着物は大切な日本文化の1つであり、着物や帯の柄には日本文化が反映されているといえます。

桜や梅、桃などが帯に描かれていることもありますし、着物の裾の部分には様々な美しい柄が描かれています。

まさに風情があると言えるでしょう。

「風情」の例文4

「風情がある日本文化を守り、大切にしていきたいね」

最近は自然災害が増え、台風や地震によって日本文化が傷ついてしまうということも少なくありません。

古い建築物が倒壊してしまえば、それは元通りにならず、二度と元の形を取り戻すことができなくなるのです。

それでは非常に残念ですよね。

自然災害に備えて様々な準備をし、風情がある日本文化を守っていきたいものです。

近年は日本文化に関心を持ち、日本にやってくる外国人も少なくありません。

だからこそ、外国人を呼び込むためにも日本文化を守る必要があるのです。

自然災害は地球温暖化などによって徐々に悪化していると考えられています。

そのため、あらゆる方法を使って日本の建築物等を守っていかなければいけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典