スポンサーリンク

「飲食代」と「食事代」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「飲食代」と「食事代」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「飲食代」「食事代」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「飲食代」とは?

飲むことと食べることにかかる費用のことです。

飲食には、飲むことと食べること、飲むものと食べるものという意味があります。

飲食店といった使い方をする飲食のことで、飲食店という場合は飲み物と食べものを提供している店を指します。

代は品物のかわりに支払う金銭を意味します。

代金などの「代」です。

このことから、「飲食代」とは飲むことと食べることのために支払う金銭を指していることになります。

飲み物や食べものといってもさまざまな種類があります。

たとえば、飲み物の場合だと、オレンジジュース、リンゴジュース、ビール、ワイン、水などがあります。

食べものだと、ハンバーグ、ラーメン、ケーキなど、まだまだいろいろな種類があります。

「飲食代」という言葉には、どのような飲み物なのか、どのような食べものなのかという意味は含まれていません。

和食でも、洋食でも、中華でも、高価なものでも、そうでないものでも、飲むことと食べることにかかる金銭を指しています。

「飲食代」の使い方

飲むことと食べることにかかる金銭を指して使用する言葉です。

毎日定期的に飲んだり食べたりするための金銭には使用せず、「通夜の飲食代」「レストランの飲食代」など、1回当たりの費用を指して使うことが多いです。

「食事代」とは?

毎日何度か食べる食物にかかる費用のことです。

食事には、栄養を摂取することを目的で、毎日何度か口にする食べものという意味があります。

日本人の場合だと1日3食食べる人が多く、このような定期的に食べることを食事は指しています。

それにかかる費用が「食事代」です。

毎日食べているものには、いろいろとあります。

たとえば、ご飯、パン、パスタ、サラダ、スープなどです。

さまざまな口にするものがありますが、「食事代」という言葉には、何を食べているのかという意味は含まれていません。

どのようなものであっても、毎日定期的に食べているものにかかる金銭を指しています。

「食事代」の使い方

ホテルや旅館に宿泊したときの食事にかかる費用や、入院をしたときの食事にかかる費用について使うことが多いです。

「飲食代」と「食事代」の違い

どちらも食べものにかかる費用を指しているのですが、使い方が異なります。

前者は、結婚式や通夜など栄養摂取が主な目的でないものや、1回の食事について使うことが多いです。

後者は栄養摂取が目的の定期的な食べる行為にかかる費用を指して使用されることが多いです。

「飲食代」の例文

・『飲食代を計算する』
・『飲食代を請求する』
・『1人あたりの飲食代は3000円だ』
・『飲食代の支払いは後日でかまいません』

「食事代」の例文

・『食事代を支払う』
・『食事代を稼ぐ』
・『この費用には食事代が含まれています』
・『食事代を抑えたい』

まとめ

食べることにかかる費用を指す2つの言葉ですが、使い方に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典