スポンサーリンク

「飲食店」と「レストラン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「飲食店」と「レストラン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「飲食店」「レストラン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「飲食店」とは?

「飲食店」というのは食事や飲み物が飲めるサービスを提供している店になります。

なので「飲食店」というのは特にこういうジャンルの食べ物や飲み物しか飲めないとかはなく、またその形式も関係なくあらゆる飲食ができる店を飲食店と言います。

「レストラン」とは?

「レストラン」というのは一般的には西洋の料理を提供しているお店を「レストラン」と言います。

また「レストラン」というのは焼肉屋やラーメン屋などといった専門で料理を提供する店は除かれます。

「飲食店」と「レストラン」の違い

「飲食店」「レストラン」の違いは「飲食店」はあらゆる飲食ができるお店を指してこれには「レストラン」も含まれます。

それに対して「レストラン」「飲食店」の1種に過ぎないです。

「飲食店」の中でも西洋の料理を提供しているお店を「レストラン」と言うのが一般的です。

また、「レストラン」自体は高級店であるかどうかは関係ないです。

そして、最近はレストランでも「和風レストラン」というのもあるので一概に「レストラン」だから西洋の料理しか提供していないという事もないです。

まとめ

「飲食店」は飲食ができるお店を指す言葉なので特定の種類の飲食ができる場所という制限はないです。

飲食のサービスを提供している店が「飲食店」になります。

「レストラン」の場合は飲食を提供している店という意味では同じですが、「飲食店」の中でも西洋の料理を提供しているような店が一般的に「レストラン」と言います。

そしてステーキ専門店のようなステーキしか食べられないような店は「レストラン」から除かれます。

ですが、このステーキ専門店は「飲食店」という括りでは問題なく「飲食店」に含まれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典