「高望み」と「理想の相手」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「高望み」と「理想の相手」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「高望み」「理想の相手」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「高望み」とは?

「高望み」の意味と使い方について紹介します。

「高望み」の意味

「高望み」「たかのぞみ」と読みます。

意味は、「自分の身分や実力以上の希望や願望を持つこと」です。

「高望み」の使い方

「高望み」は、自分が本来持っている身分や能力以上の願望や目標を持つことを言います。

自分ではそれを望むにふさわしいと思っているのですが、周囲から見て明らかに本人の身分や実力が劣っていると思う時に使われます。

最初から無理だと思われるほど高みを目指している状態ですが、可能性はゼロとは言えず、中には努力や執念、勢いや幸運に恵まれるなどして、望みを叶えてしまう人もいるのです。

「理想の相手」とは?

「理想の相手」の意味と使い方について紹介します。

「理想の相手」の意味

「理想の相手」「りそうのあいて」と読みます。

意味は「心に描き求める、それ以上望むところはない相手のこと」「こうあったらいいなと思う最高の相手」という意味です。

「理想の相手」の使い方

「理想の相手」は、自分の心に描き求める、最高の相手のことを言います。

こうあって欲しいという条件を全て兼ね備えていて、これ以上望むところがないほど自分の好みにピッタリの人に対して使われます。

主に結婚相手を探している時に使われますが、対象が異性だけとは限らず、ビジネスパートナーを探したり、芸術作品などを一緒に創り上げる相手を探す時などにも使われる言葉です。

相手に対する希望であり、自分がそれに見合っているかどうかという意味は含まれていません。

「高望み」と「理想の相手」の違い!

「高望み」「自分の身分や実力以上の希望や願望を持つこと」です。

「理想の相手」「心に描き求める、それ以上望むところはない相手のこと」です。

まとめ

今回は「高望み」「理想の相手」の違いをお伝えしました。

「高望みは身の程知らず」「理想の相手は単なる希望」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典