スポンサーリンク

「高速道路」と「バイパス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「高速道路」と「バイパス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「高速道路」「バイパス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「高速道路」とは?

「高速道路(こうそくどうろ)」とは、「日本においては時速80km(一部100km)以上のスピードでの走行が可能な自動車専用道路」のことを意味しています。

日本の「高速道路」の多くは、巨額の建設費を償還するための「有料道路」になっています。

「高速道路」はインターチェンジや料金所によって一般道路と区別されており、高速道路にはある程度の間隔で「休憩・トイレ・飲食」ができるサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)などの施設が整備されています。

「バイパス」とは?

「バイパス」とは、「交通渋滞緩和・海岸や山頂の回避などの目的で新設された迂回路・短絡線(ショートカット道路)」のことを意味しています。

「バイパス」というのは、「今までの道路とは異なる経路で、新しく建設・整備された迂回路・ショートカットの道路」を意味している交通用語なのです。

「バイパス」は基本的に一般道路と同じく無料で通行できますが、中には高速道路と一体化した有料道路もあります。

また「バイパス」には、自動車だけではなく自転車や歩行者が利用できるものもあります。

「高速道路」と「バイパス」の違い!

「高速道路」「バイパス」の違いを、分かりやすく解説します。

「高速道路」「バイパス」はどちらも「一般道路よりも短時間で目的地に到着しやすい道」を意味していますが、「バイパス」は高速道路とは違って「時速80km以上での高速走行」が許可されているわけではありません。

「高速道路」「時速80km以上のスピードで走行しても良い特別な自動車専用道路」ですが、「バイパス」「高速道路と一体運用されている場合」もありますが「一般道路と同じ速度規制がある場合」も多い違いがあります。

「バイパス」「高速道路」ではなく、「交通渋滞緩和・危険な道の回避などの目的で新設された迂回路・短絡線(ショートカット)」である違いがあります。

また「高速道路」は原則「有料道路」になりますが、「バイパス」「無料の一般道路」も多い違いを指摘できます。

まとめ

「高速道路」「バイパス」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「高速道路」とは「日本においては時速80km以上のスピードで走行が可能な自動車専用道路・その多くは有料道路」を意味していて、「バイパス」「交通渋滞を緩和する目的で新設された迂回路・短絡線(ショートカットの道路)」を意味している違いがあります。

「高速道路」「バイパス」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典