スポンサーリンク

「鬱積を晴らす」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鬱積を晴らすことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鬱積を晴らす」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鬱積を晴らす」とは?意味

「鬱積」とは、不平・不満や怒りなどの感情が、はけ口のないままに心の中に積もっている状態を指す言葉です。

従って、「鬱積を晴らす」とは、不平や不満や怒りが心の中に蓄積された状態を解消すること、そうした感情から解放されることを意味する言葉となります。

「鬱積を晴らす」の概要

現代社会には、不合理や不条理と思われる事が沢山存在しますし、個人の考え方も多様化して人間関係も複雑化しています。

それゆえに、現代人は多かれ少なかれ、不平や不満や怒りを感じ、それらがストレスとして「鬱積」されているのです。

こうした「鬱積」された感情は、上手に解消しなければ、うつ等の心の病の原因ともなりかねませんし、いつも心に「鬱積」したものを持ち続けていては、決して楽しい生活を送る事が出来ません。

そのために、「鬱積を晴らす」ことが必要で、その方法等が近年色々な記事で取り上げられる事が多くなっているのです。

この「鬱積を晴らす」方法として、しばしば取り上げられている方法には、以下の様なものが上げられます。

大きな悲しみにあった時には、それを心の中に押し込めておくだけでなく、時には声をあげて泣くと良い。

怒り等が「鬱積」した場合には、枕などの殴っても怪我をすることがないものを、思いっきり叩いて発散するのが良い。

またジムで身体をいじめて、汗を流す事で「鬱積を晴らす」効果があり、定期的に通って身体を動かせば、日々のストレスが軽減されて、「鬱積」する事を防止する効果がある。

さらに、「鬱積」したものを文章として、日記に書いたり、誰かに聞いてもらう事で「晴らす」事が出来る。

「鬱積を晴らす」には、上記の様な方法が有効だとされ、それゆえに枕を叩く代わりに瓶や様々なものをぶつけて壊し、ストレスを発散できる場所が商売として出現したり、またスポーツジムも盛況ですし、さらに電話でただただ相手の愚痴を聞くと言うサービスも出現しています。

この様に、現代社会にはストレスが多く、それが蓄積しないように、また「鬱積を晴らす」ことの必要性が増していると言えるのです。

「鬱積を晴らす」の言葉の使い方や使われ方

『会社での日々のストレスの鬱積を晴らすために、スポーツジムに通う事にしました。』

『嫌な上司の顔を思い浮かべて、サンボバックを叩く事で、鬱積を晴らす事が出来た。』の様に使われます。

「鬱積を晴らす」の類語や言いかえ

「鬱積を晴らす」の類語や言い換えとしては、『ストレスを発散する』や『鬱積を解消する』や『心に蓄積した気持ちをぶちまける』等が上げられます。

まとめ

現代社会はストレスの多い社会で、日々不平や不満や怒りや悲しみの気持ちが、心の中に蓄積される事が多いと言えます。

こうした「鬱積」したものから心を解き放つことが、「鬱積を晴らす」と言う言葉です。

上手に「鬱積を晴らす」方法を身に付ける事が、少しでもストレスをなくして、生き生きと日々を送るためには必要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典