「鯛」と「真鯛」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「鯛」と「真鯛」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鯛」「真鯛」の違いを分かりやすく説明していきます。

「鯛」とは?

「鯛(たい)」とは「スズキ目スズキ亜目タイ科に分類される魚の総称」であり、「鯛」と呼ばれるスズキ目タイ科の魚には「全24種」が存在します。

「鯛」と呼ばれる魚には、「黄鯛(きだい)・黒鯛(くろだい)・石鯛(いしだい)・糸撚鯛(いとよりだい)・金目鯛(きんめだい)・的鯛(まとうだい)・平鯛(へだい)・キチヌ」などのいろいろな種類の魚が含まれているのです。

「鯛」は一般に「タンパクであっさりしているが旨味が凝縮された白身」を持っていて、刺身・焼き魚・煮付け・吸い物などの料理に適しています。

「真鯛」とは?

「真鯛(まだい)」とは「全長120センチにまで成長することがある、もっとも典型的で代表的な鯛の一種・高級魚とされる鯛の一種」で、日本でただ「鯛」と呼ぶ時にはこの「真鯛」のことを指していることが多いのです。

「真鯛」は体の上半分が鮮やかなピンク色で、目の上や側面に青い斑点が散財していて、エビ・カニを噛み砕くほどの鋭い歯を持っています。

「真鯛」「鮮やかな赤色の体・立派な体格・めでたいとの語呂合わせ」によって、古くから祝い事や祭事などで使用される「おめでたい魚・縁起の良い魚・高級魚」とされてきました。

「真鯛」「タンパクであっさりしているが、臭味がなくて旨味・コクがある白身魚」であり、「焼き魚・煮つけ・刺身・寿司・天ぷら・吸い物」などの料理で美味しく食べることができます。

「鯛」と「真鯛」の違い!

「鯛」「真鯛」の違いを、分かりやすく解説します。

「鯛」「真鯛」「スズキ目スズキ亜目タイ科に分類される白身の魚」という点では共通していますが、「鯛」というのは「真鯛も含めた全24種いるタイ科の魚の総称」を意味しています。

「真鯛」というのは「黒鯛・金目鯛・糸撚鯛(いとよりだい)などと並ぶ、鯛と総称される白身魚の一種」であると同時に、「もっともオーソドックスで高級な鯛(祝い事・祭事などに使われるおめでたいとされる鯛)」のことを意味している違いがあります。

「鯛」には黒鯛や黄鯛、石鯛などのいろいろな種類の魚が含まれていますが、ただ「鯛」という時には「真鯛」を指すほどに、「真鯛」「鯛」を代表する魚なのです。

まとめ

「鯛」「真鯛」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「鯛」とは「スズキ目スズキ亜目タイ科に分類される全24種の魚の総称・タンパクだが旨味と風味がある焼き魚・刺身に向いた白身の魚」を意味していて、「真鯛」「スズキ目スズキ亜目タイ科に分類される典型的な鯛の一種で、お祝いごとなどで食べられることが多い白身の魚」を意味している違いがあります。

「鯛」「真鯛」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典