「鷹の爪」と「唐辛子」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鷹の爪」と「唐辛子」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鷹の爪」「唐辛子」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鷹の爪」とは?

「鷹の爪」の意味と概要について紹介します。

「鷹の爪」の意味

「鷹の爪」「たかのつめ」と読みます。

意味は「唐辛子の品種の一つで、長さは6センチほどのもの」です。

「鷹の爪」の概要

「鷹の爪」は、「唐辛子」の品種の一つであり、「鷹の爪」という名前で売られています。

日本では料理に使われる他、米びつの虫除けなどに使われることから、「唐辛子=鷹の爪」と混同されてしまっています。

「唐辛子」はナス科の植物の総称で、ハバネロやししとう、ハラペーニョなども「唐辛子」の品種で、その中の一つが「鷹の爪」なのです。

「唐辛子」の主な生産地は中南米ですが、「鷹の爪」は日本が原産地です。

小ぶりで、鷹のかぎ爪の様な形をしていることからこの様に名づけられました。

「唐辛子」とは?

「唐辛子」の意味と概要について紹介します。

「唐辛子」の意味

「唐辛子」「とうがらし」と読みます。

意味は「ナス科の植物で、香辛料となるものの総称」です。

「唐辛子」の概要

「唐辛子」は、ナス科の植物で、ナスやトマト、ピーマンの親せきです。

「唐辛子」は、種を巻けば60日程で実がなり、収穫ができるという便利な植物です。

非常に種類が多く、世界中に1000種類以上もの品種があると言われますが、全て食用ではなく、観賞用として育てられているものもあります。

「唐辛子」は15世紀にコロンブスによりヨーロッパに持ち込まれました。

日本に入って来たのは16世紀になってからです。

海外では「チリペッパー」などと呼ばれ、「ペッパー(胡椒)」と同じ扱いになっています。

因みに「唐辛子」は、最初は緑色で次第に赤や黄色になっていきます。

「鷹の爪」と「唐辛子」の違い!

「鷹の爪」「唐辛子の品種の一つ」です。

「唐辛子」「ナス科の植物で、香辛料となるものの総称」です。

まとめ

今回は「鷹の爪」「唐辛子」の違いをお伝えしました。

「鷹の爪は品種名」「唐辛子は香辛料の名前」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典