スポンサーリンク

「黄落期」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「黄落期」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語には、難しい言い回しもあります。

この記事では、「黄落期」の意味を分かりやすく説明していきます。

ワンランク上の言葉遣いを知って、教養を深めていきましょう。

スポンサーリンク

「黄落期」とは?意味

黄落期(こうらくき)とは、木々が黄色く色づいて、地面に落ちていくこと。

またはそうした、秋の季節をあらわしています。

秋の終わりを教えてくれる、季節のことばです。

日本では「イエローの葉っぱが、はらはらと落ちて地面を埋め尽くすこと」「黄色いじゅうたん」と例えることがあります。

11月を迎えるとイチョウ並木の下は、文字通り黄色いじゅうたんを敷いたように色鮮やかに染まります。

こうした1年で1度しか訪れない季節のことを「黄落期」といいます。

自然が与えてくれた、心を潤してくれる癒しの風景です。

「黄落期」の概要

黄落期の「黄落」は、晩秋をあらわす「俳句の季語」になります。

そのため昔の歌人たちは黄落期や黄落という言葉をつかって、たくさんの俳句をよんでいました。

夏の間は青々としていた木々が、誰が教えた訳でもないのに秋になると黄色く色づいて、道路や地面に落ちていきます。

黄落期は「葉っぱや実が、黄色くなって落ちていく時期」をあらわしたものですが、人生のはかなさと照らし合わせて述べた言葉です。

仕事や勉強に疲れたとき、黄落期ならではの情緒を感じに、近所の公園を散策してみても楽しいです。

「黄落期」の言葉の使い方や使われ方

黄落期の使い方をチェックしていきましょう。

・黄落期を迎えた表通りは、まるで映画のワンシーンのような美しい光景が広がっている。

・金色に染まった落ち葉が、黄落期の訪れを感じさせてくれた。

・俳句の会で、黄落期をテーマにした歌をよんだ。

黄落期とは木々や銀杏などの実が、あざやかに黄色く色づくこと。

またはらはらと地面に舞い落ちるシーズンを指しています。

美しい情景をほめたり、歌によんだりするときに用います。

日常会話であまり使う機会のない言葉ですが、知っている方がやはり語彙力に磨きがかかります。

「黄落期」の類語や言いかえ

黄落期の類語には、次のような言葉があります。

・落葉期
・照葉
・黄葉
・黄落
ちなみに黄葉(こうよう)とは、葉っぱが黄色く色づくこと。

黄色い紅葉をあらわす言葉です。

また黄落(こうらく)とは、そうした黄色く色づいた葉っぱや木の実が落ちていく様子です。

このように晩秋を迎えて、古い葉っぱが落ちていく時期を「落葉期」といっています。

まとめ

「黄落期」の言葉の意味や使い方をチェックしてきました。

「黄落期」とはイチョウなどの黄色い葉っぱが色づいて、銀杏の実などが地面に落ちるシーズンのこと。

秋の終わりをあらわす、俳句の季語のひとつです。

「黄落期」になると大通りはまるで、黄色いじゅうたんで埋め尽くしたように色鮮やかに染まります。

この季節だけしか出会えない、秋ならではの風物詩です。

天気がいい日は秋の訪れを実感しに、散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典